スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

戻るんるん

ブログのテンプレート、以前のものに戻してみた。
かわいらしい妖精さんが描かれたファンシーなものから、ご覧のとおりの黒一色へ。
やっぱり黒は落ちつくわあ……。
あと、妖精さんテンプレートは文字のすきまが狭かった。ぴっちりだった。
こちらは微妙に空いてるので、微妙に見やすい。そこがいい。
おそらくはcssとかいうのをいじくれば文字間の調整もできるんでしょうが、どこをいじればいいのかちっともわからない。なもんで、えーい、と戻してしまいましたとさ。

★  ★  ★

アニメのかのこんDVD、6巻がamazonより届く。
最終巻である。
これで終わりなんだなあ……としばしジャケットのちずるさんのエビバディダンスナウな胸部のふくらみを見つめつつ、感慨にふける。
アニメ化。
いい経験であり、いい思い出であった。
そして作りあげられたものは、じつに素晴らしい作品であった。
スタッフのみなさまには足を向けて寝られない。
住所地が岩手なんで、東京のある南西には足は向けられませんな! 北枕にならないからちょうどいいね!

それにしても、もの書きとしてデビューして二年ちょっとで、それもデビュー作がアニメになるなんて……本当に運が良かったなあ、と思います。
いやね、いろいろあったんですよ、いろいろ。
くわしく書いたらたぶん怒られちゃうと思うんで書きませんけど、じつにさまざまな要因が絡んでのアニメ化だったんですな。どれかひとつでもタイミングがズレてたら……ふー。

結果としては、ほぼ最高といえるかたちで終わりました。
関わったかたがた、みんな幸せになれたと思います。
よかった。本当によかった。
あー、マジでよかったよー。

あ、アニメは終わっても、かのこんはまだ終わりませんですよ?
カードゲームもでますし、カレンダーもでるし!
フィギュアだってでる!
もちろん小説本編だって、がんばるがんばる。
いまだってちずるさんの必殺純愛固めを書いてるところですがな。
ですもんで、引き続き応援していただけると、嬉しく思います。

かのこん 第6巻【初回限定版】 [DVD]
メディアファクトリー
発売日:2008-11-21



あ、ちなみに、なぜすでに原作者としてサンプルを貰っているのにDVDを買ってるかというと、保存用にするためです。死んだらいっしょに埋めてもらうんだー。
line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。