スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ブックブックこんにちわ

ぶらり、散歩ついでに書店に立ち寄る。
書店はいいね!
雑誌や単行本、文庫が棚や平台にずらりとならんでいるのを見ると、静かに胸が高鳴る。鼻息が荒くなる。どーれにしようかなー、と店内をぶらつき、適当に雑誌を選ぶ。

うち一冊、たまたま目についたので、数年ぶりにプロレスの本を購入した。
週刊プロレス。
450円なり。
何年ぶりだろうか。
ぺらぺらとめくったら、ドラゴンこと藤波辰爾選手のインタビューが載っていた。
タイトルが、『飛龍革命最終章序章』。
ひ、飛龍革命!? 最終章!? しかも序章!?
おおおお……。
あ、なんでわたしがこうまで驚いているかというと、数年前と……いや、ヘタすれば数十年前と、まったく藤波選手が変わってないからです。ブレてない。
ずーっと、ドラゴンは飛龍革命っていってた。
たしか十年くらい前には、ドラゴン・カウントダウンとかいって、引退した。
てっきりその時点で、飛龍革命は見事完結を迎えたと思っていたのに……。
まだ終わってなかったんだ、飛龍革命……。
おまけに、序章……。
いつ、どうなったら終わるんだ……。
プロレスってスゴいなあ……。
なんか安心した。
まだまだ自分もだいじょうぶな気がしてきた。
十年後も純愛革命最終章・序章とかいえる気がしてきた! マッチョドラゴン!

そもそも飛龍革命ってナニ? というあたりには触れずにおきたい。プロレスってそういうもんです。幻想が大事なのです。ありていにいってしまえば、『革命』ってなんかカッコいいじゃん? っていうことです。

★  ★  ★

そして……。
『革命』といえばレボリューション。
レボリューションといえばノートに書きとめた言葉。
よし!
無理なく小室哲哉氏逮捕の話題につながった!

といっても、特別、TKこと小室哲哉氏の音楽のファンだったわけじゃないんですが。
胸を張って好きだといえる曲は、アニメ版シティーハンターのエンディングテーマだった『Get Wild』や、映画、ぼくらの七日間戦争のテーマソングだった『SEVEN DAYS WAR』ぐらいしかなかったりします。我ながらすがすがしいくらいにタイアップソングばかりですね。

だけど、すごかったんですよね、TKさんって。
まちがいなく一時代を築いていた。
1994年から数年間は、この人の音楽がヒットチャートを埋めつくしていた。お、ヒットチャートってなんだか懐かしい響きだ。

なもんで、わたしは1994年から数年間、小室哲哉氏の音楽はあんまり好きじゃありませんでした。
理由?
売れてるからダヨ!
そういう年ごろだったんでーす。
ただ大衆的だというだけで、毛嫌いできちゃう精神状態だったんでーす。

でも、いまになってみれば、小室氏の凄みがわかる。
もの書きという、創作したものを人に売る仕事をしているいまなら、それはもう、嫌というほど。
売れるものを作るというのは、とても大変なことだ。
そもそも、なにが売れるのかわからないし。
たまたま当たったとしても、そのヒットを持続できるかというと、さらに難しい。

だけど小室氏は、やりとげてた。
こと売上という点においては、数年間(!)邦楽での頂点に立っていた。いちどトップに君臨するだけでもえらいこっちゃなのに、それを続けてたというのが、もうね。
ただただ感嘆するしかないです。

そんなことを、小室氏が作曲した渡辺美里さんの歌『My Revolution』を聴きながら、つらつらと思ったのだった。週刊プロレスといっしょに買った月刊PLAYBOY日本版・終刊前号の完全保存版30ページ、歴代プレイメイトのグラビアを眺めつつ。
line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。