スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

25(1)

10月25日。
この日、わたしは『かのこん』にて商業出版デビューを果たした。
それから三年。
思えば遠くへ来たもんだ……。
そう、はるばる東京まで。
アニメーション制作会社XEBEC(ジーベック)のお膝元、国分寺市までっ!
『かのこん』のアニメの総作画監督&キャラクターデザインの高見明男氏とお会いするためにっ!

新宿のホテルにチェックインしたわたし。
その後、新宿駅よりJR中央線に乗って、揺られて、国分寺駅までGo。
ひとりでGo。
偉いもんだなあ、と思う。
だってほら、初めて東京に出てきたときなんて、電車の路線のあまりの多さに「なんじゃこりゃ」とおののいたもんです。へ? 埼京線? 中央線? なにそれ? どれに乗ればいいの?
それがいまでは、ひとりでも目的地へ向かうことができる。
本当に偉い。
携帯電話に入ってるナビソフトって奴は。
とりあえずいきたい場所を入力すれば、どの交通機関を使えばいいのか教えてくれるんだもの。それどころかGPS機能もあって、いわゆるカーナビのように、行き先を画面で指示してくれたりもする。これがなかったら、絶対わたしは東京砂漠で遭難してますよ。ありがとう、auのEZナビウォーク。

それた話を戻しまーす。

30分ほど揺られて、国分寺駅に無事到着。
さて……じゃ、XEBECのスタジオに向かおうかな、と歩きだす。
迷う。
携帯のナビに従ってるのに。
どれだけ方向音痴なのさ自分。

しかたないので電話しました。
高見さんに。
するとだね、聞いて驚きなさい。
迎えに来てたんですよね、高見さん。
わざわざ国分寺の駅まで。

うはー!
もうしわけねー!

あわてて駅まで戻るわたしであった。
ちなみにここまで読んでくださってるあなた、高見明男というかたがどれだけアニメ業界的にスゴイお人なのか、わかってますか?

以下、参照のこと。
wikipedia - 高見明男
作画@wiki - 高見明男

スゴイっしょ? スゴイっしょ?
ちなみにわたしはわかっておりませんでした!
家に帰って調べて、ほえー、となったくらいです。
アニメ化が決まったとき?
経歴とかあまりに気にしてなかったんで、ちっとも調べてなかったっス。
見せられた耕太やちずるの絵がかわいかったので、それで満足してたっス。

で、駅にて高見さんと出会う。

「すみません、わざわざ迎えに来ていただいて……」
「なにいってるんですか! 当たり前じゃないですか! いやー、ずっと西野さんとお会いするの、楽しみにしてたんですよー!」

と、とても熱烈な出迎えを受ける。
ヤバイ! 自分が偉い巨匠かなにかと勘違いしそうだ!
非常に腰の低い高見さんに負けじとぺこぺこしながら、一路、XEBECの制作スタジオへと向かうのでありました。

★  ★  ★

高見さんに案内されながら、XEBECのスタジオを見学させていただく。
そこで、かのこんのスタッフだったかたがたと出会う。
初めてお会いしたかたもいれば、前にお会いしたかたもいた。
多くのかたがたの力があって、アニメというものは作られるのだと、頭の知識として知ってはいたけれど、今回、こうして直にお会いすることで、心で理解できたように思う。
それだけに、売上が好調で、本当に良かったとも思う。
DVDを買ってくださったみなさまには、心からありがとうです。
決して安いものではないだけに……ね。
値段分以上の価値はあるつもりですが!

★  ★  ★

スタジオをあとにして、いよいよ高見さんとの「お酒を飲みながらおっぱい談義」をするため、居酒屋へと向かう。高見さん行きつけの居酒屋であるらしい。

道中、あれやこれやとお話しする。
ちなみにわたしは、思いっきり人見知りするたちだったりする。
初対面の人とは、ロクに話すことができない。
あうあうとなってしまう。おまけに身体が揺れる。つまり壊れたアシカのようになる。
ところが、今回はけっこう普通に喋ることができた。
高見さんがものすごくわたしを立ててくれたからだと思う。
すごいんですよ、このひと。
後述しますけど、本気で『かのこん』が、ちずるが大好きなの。愛しちゃってんの。
だからその『かのこん』の作者である西野かつみにも過大なる好意を持ってくださっちゃってんの。

かつて人生のなかでここまでの好意を持たれたことがないわたしは、まだ一滴も酒の呑んでないというのに、半分酔ったような気分になりながら、居酒屋へと続く階段をのぼるのであった……と、次回へ続く。
line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。