スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

月にカワレ

なんとなしにセーラームーンの劇場版DVDをレンタルして観る。
正しくはセーラームーンR。
ただただ懐かしい。
だってセーラームーンがブームだったころは、ぼかぁ、まだ高校生でしたもの。

若いかたはピンとこないと思いますが、とにかく凄かったんですよ、セーラームーンってのは。

きっと説明しても伝わらない――わたしがガンダムやヤマトのブームを本当の意味では実感できないのとおなじように――でしょうが、全52話、4クールのアニメが、無印、R、S、SuperS、セーラースターズと5期も続いたというだけで、そのとんでもなさは理解できますでしょうか。

もちろんわたしもハマってました。
「なんだよ、子供向けだろ?」
とかいいながら、無印とRについてはほぼ全話観てたはず。
Sからは離れてしまった。
べつにつまらなくなったから、ではなかったと記憶してます。
たぶん、なんとなくだったんでしょう。
そのあたりからアニメ、だんだんと観なくなりましたし。
(そもそも岩手のテレビ局はアニメをあまり放送してくれない)

そんなわたしが、よもや、ライトノベルの書き手になっていようとは。
でもって、再度アニメにハマりかけようとは。
キングゲイナーキングゲイナー。

人間、どうなるかわからないものですなあ。
はっはっはっ!

さて、劇場版セーラームーンRの感想です。

おもしろかったー。
懐かしいというだけではなくって、本当におもしろかったー。
もちろんキャラクターは素晴らしい。
掛けあいは楽しい。
まこちゃん好きだったなー、とか思いだしたりして。
いや、べつにスタイルがいいからじゃなくってね。
かわいいところがいいじゃない。

その他、なにが良かったのか、あげてみれば……。

・テンポが良くって、だれたところなくクライマックスまで進む。
・きっちりと容赦なく主人公たちを追いこむ。
・その上で逆転する。
・登場キャラを(敵もふくめて)救う。
・ハッピーエンド。

文句なし。
いやー、勉強になったー。
自己分析すると、主人公たちを追いこむあたりが自分は弱いんですよね……でも、あんまりヒドイことできないんだよね……。
もっといろんな作品を観なくては、勉強しなくては、と思った。
ちゅーか、もっと新しいやつ観なくちゃダメですやねえ。
だけど数が多すぎて、なにを観たらいいのかわからないんだぜー。
まこちゃんまこちゃん。
line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。