スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

よごれちまったかなしみに

みなさま、ご存じでしたでしょうか。
じつは『かのこん』、さまざまなグッズが作られているんです。

ええ!
アニメ化作品ですから!
そしてグッズが売れるたび、わたくしのふところにもいくらかのマニーが入って……。
いやー、まったく大した孝行娘ですな!
ぐわっひゃっひゃっ!
笑いが止まりませんな!
ぶえっひゃっひょっ!

と、ひとしきり豚のように笑ったところで、本題です。
これらのグッズ、作られるたび、原作者であるわたしの元にはサンプルが送られてきます。

そうなんですよ。
うちにはあるわけなんですよ。
抱きまくらが!
タオルが!
ベッドシーツが!
クッションが!
タペストリーがテレホンカードが下敷きがポスターがああもういろいろさまざまなものが!
そういえばめざまし時計なんかもあったんだぜ!

で、もらったグッズをどうするのかというと。

いや、使いませんよ?
自分で生みだしたキャラだし……。
なんか若干、ひとり歩きしている感もあったりはしますが……。
やっぱり孝行『娘』ですからして、寝床にしたり、抱きしめたり、朝、起こされたりとかはねえ……。
伝わるでしょうか、この感覚。

あ、でもコブラならいいかも!
コブラがサイコガン構えてるベッドシーツなら、ぼかぁ喜んで眠りますよ。コブラに抱かれて眠りますよ。絶対販売されないとは思いますがね! でも新作アニメが作られるんだよなあ……びっくりしたなあ……観なきゃなあ……。

と、話を戻して。
ええ、いただいたグッズは使いません!
ではどうするかといえば、袋の上からしげしげと眺めて(袋からだしたら汚れてしまうので)、ぎゅっと抱きしめて、あとは押し入れのなかに大切にしまっておきます。いつかもの書きとしてダメになったら、引っ張り出して眺めて、「昔はぼくも……」と昏い感慨にふけるんだあ……えへ、えへへ……。

いや、違う。
書きたいことはそんなことじゃない。

違うの、びっくりしたの!
なににびっくりしたかって、サンプルとして届いた薫風高校の制服に!


薫風高校制服


こちらなんですけどね。
いわゆる、なんていうんですか、コスプレ? そちら用のグッズでございます。
ブレザー、ブラウス、スカート、リボンがセットになっております。
ちなみに薫風高校というのは、『かのこん』の作中に登場する、主人公たちが通っている学校の名称であります。

なんかねえ、すっごくどきどきしたんですよ!
男である自分が、女子用制服を持っているという事実に!
き、着ませんよ!?
もちろん着たりなんかしませんけど、だって、男が女子用の制服を所持するなんてこと、普通に人生を送っていれば、まず滅多にあることじゃないじゃないですか。なぜって必要ないもの! 使い道なんてないもの! 使ったらダメだもの! いろんな意味でダメだもの!

なんていうんでしょう。
越えちゃった気がしましたね。
ラインを。
ボーダーがつくラインを。
下手に出来がいいだけにね……「うわあ」って声ができました。宅急便で届いた荷物の封を開けて、中身をだした瞬間。制服を手にとった瞬間。
ああ、もうびっくりだ。
ああ、なんか目覚めそうだ。
今後の作風に影響を及ぼしてしまいそうだ……。
でもー、最近流行り気味の「あんなかわいい子が女の子のはずがない」というのはちょっと違うんですよー。やっぱり、あくまでもかわいい『男の子』が女子の制服を着ているという倒錯ぶりがイイんであって、外見がそのまま女の子だったらなんか違うなんか違うー。男の子である意味がないと思うんですよー。

あれ。

なんだ……。
もう目覚めてたんじゃないか……。
(とどろく雷鳴をバックに、自分の両の手のひらを眺めながら)
line
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。