スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

鈍器放って

 ドン・キホーテで買ったココアが値段の割りには美味しくて今日はラッキー・デイ。

 ちなみに岩手で「ドンキ」といいますと、驚安の殿堂ことディスカウントショップのドン・キホーテのことではなく、ハンバーグが安くて美味しい「びっくりドンキー」のことだったんですよね、長いこと。
 だって無かったから。
 ドン・キホーテ。
 2012年4月27日に盛岡上堂店が開店するまで存在しなかったんだなあ、これが。
 田舎だね、ウフフ。
 あ、正確には「ドンキ」じゃなくて「ドンキー」でした。
 腹へったなぁ、ドンキーいこうぜ
 ……なら、「びっくりドンキーに行ってカリーバーグディッシュをたらふく食おうぜ」の意となる。

 そんな岩手にも、できました。
 ドン・キホーテ。
 もう三年も経ちます。
 だからちゃんとドン・キホーテのことを「ドンキ」と呼んで、びっくりドンキーのことは「びくドン」と呼べるよ。
 ……どうだろう?
 学生さんあたりはそう呼んでるのかな?

 さしあたり、昼夜逆転生活を送っているわたくしとしては、夜中の三時まで営業してくれているのが助かります。
 思いたったらチャリンコ飛ばして買いにゆける。
 インスタントラーメンとか安いしね。
 地味にレトルトカレーの「銀座カリー」が安めなのも嬉しい。
 豆腐も買える。
 夜中に麻婆豆腐が作れる。食える。美味しい。

 ああ、そんで、なんどもここで述べてますが、わたしって、最近、コーヒーが飲めなくなって、しかたなくココアを飲んでるんですよね。
 しかたなくといったらココアに失礼か。
 空きっ腹に流しこんでも、コーヒーと違って胃が痛くなることもないし、吐き気をもよおすこともない。
 高めの糖分は脳を働かせてもくれる。
 優秀だね、ココア。

 ただ、ちょっと高めではあって……でも、インスタントコーヒーとくらべたらどうだろう?
 たいして変わらないような気もするけれど。
 なんにせよ、毎日飲むようなものだと、なるべくランニング・コストは抑えたほうがよい。
 そう思って、試しにドン・キホーテで売っていた198円のココアを買ってみた。
 あ、通常、ココアは300グラム入って298円が相場です。
 価格が三分の二ですからね。
 さほど期待もせず、このたび、飲んでみたんですが……美味しいじゃないか。
 生協で買ったコープ印298円のココアよりも、味が濃いぞ。
 うん?
 いや、ただ甘いだけかな?
 甘いので、味が濃く感じる……でも、198円だからなあ。
 値段三分の二でこの味なら、ぜんぜんアリよねー。
 やったぁ。

 ……と、こんな小さなことで幸せになれたら、それってとても幸せなことよね。
 うへへ。



 ↓↓↓↓『続きを読む』で、であれば薄味のココアは砂糖を足せば濃く感じるのだろうか?

続きを読む

スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。