スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

あつさむりーだー

 暑いんだか寒いんだかよくわからん日々が続きますなぁ、諸君。
 おかげでわたくしは風邪を引いてるんだか引いてないんだかよくわからん状態になってしまいましたよ。
 なんとなーく、喉が痛いような気がする。
 なんとなーく、咳がでるような気がする。
 なんとなーく、身体が熱いような気がする。
 が、とくに熱は(いまのところ)ない。
 風邪の引き始め?
 よくわからんけど、とりあえず温かいものを飲むようにはしている……温かい飲み物は胃に優しいし。
 優しくして。
 くれ。
 気候も。

 そういえば、最近はコーヒーが飲めなくなって、代わりにホットココアをガバガバと飲んだくれてるわたくしなんですけど、どうやらチョコレートが値上がりするなんて嫌なニュースを小耳に挟みまして……どうやら円高と、原材料であるカカオ豆の価格が高騰してるからというのが値上がりの理由らしいんですけど、それってつまりココアの値段も上がるってことジャマイカ?

 だってココアの原材料はカカオ豆だし。
 チョコレートが値上がりするんなら、まず間違いなくココアもいっちゃうでしょコレ。
 ううーん。
 本当に嫌なニュースだ。
 値上がりする前にココア、買いだめしておいたほうがいいのかなぁ。
 いいんだろうなぁ。
 しかし、ガッツリと買いだめしたあとで、ココアの味に飽きちゃったりしたら、もう目も当てられないことになりそうな気も。

 そしていま、なんとなくココアで検索してみたら、ココアは胃にはいいわ風邪は予防するわ虫歯にも効くわ美肌やダイエットの効果もあるとかなんとか、ズバリ、嘘だろそれ!

 あ、いや、嘘だろ、といいきってしまうのも角が立ちますが、ええ~……。
 もう一ヶ月ぐらいココアをガブ飲んでるけれど、どの効果もとくには感じない……胃の調子はまあ、いまのところキリキリと痛くなったりはしてませんが、だって実際いま、わたしの喉はなんとなく痛いし咳はでるしで、風邪、引きかけてるんじゃないのか。
 予防、できてないんじゃないのか。
 美肌でもないしダイエットにもなってないぞ。

 ……まあ、ココアは美味しいから。
 美味しいものを飲んで、それでオマケ的に健康も保てたら、それはそれでぜんぜん悪くないよねー、と思ってみたよ。
 そしてなるべくなら値上げしないでも欲しいよ。
 無理だろうけど。

 まったく、じわじわじわじわ、なんでもかんでも値上げしちゃってさ……ボディーブローのごとく地味~に家計を削ってくるのが、本当に嫌。
 いまって、野菜だけじゃなく、肉も魚も牛乳も、みんなじわじわ~……と値上がりしてるからね。
 娯楽品が値上がりするのはともかく、食料品の値上がりは本気で厳しいんだぜ。

 以上、愚痴でした。
 ここで政治に対して文句をいわないのがわたしのいいところだと自画自賛してみる。



 ↓↓↓↓『続きを読む』で、ミロはココアじゃなかったことをいま調べて初めて知りました。

続きを読む

スポンサーサイト
line

まぼうつかい

 ひさかたぶりに麻婆豆腐を作った。
 麻婆豆腐は簡単でいい。
 簡単なのに美味い。
 簡単なのに安い。
 コスパ良すぎぃ。
 イエスゥ。

 使った麻婆豆腐の素は「マボちゃん」。
 お値段、たしか100円ぐらい。
 使った豆腐、スーパーで売ってた木綿豆腐。
 お値段、たしか68円ぐらい。
 あとは冷蔵庫に入っていた白ネギを刻んで少々。
 挽き肉は最初から麻婆豆腐の素に入っているのだ。
 関係ないけど最近、白ネギがクソ高くて困る。
 ネギ一本が100円、三本セットなら200円ときた。
 まあ、ネギに限らず、野菜全体が春の天候不順のあおりを食って、クソ高くなっちゃってるらしいんですけど……キャベツなんかバカみたいな値段になってたけど、とんかつ屋さんとかキャベツの千切りは絶対に必要なわけで、さぞかし大変だろうなあ、と他人事ながら思ってみた。

 今回使った麻婆豆腐の素である「マボちゃん」、じつはいままで使ったことがなくて、さて、どんな味なんだろう……と戦々恐々としていたわけですが、いざ食べてみれば、当たり前ではありますが、普通の麻婆豆腐でした。
 花椒の風味がけっこう効いてたかな?
 美味しかったですわ。
 ごはんにぶっかけて麻婆丼にして食べましたわ。
 メシが進んで困りますわ。
 だんだん、年を取れば取るほど、どんどんと麻婆豆腐が好きになっているような気がする……。

 しかし、「マボちゃん」って、丸美屋とかクックドゥとかがだしてる麻婆豆腐の素より、お値段的にはだいぶコスパがよろしいわけで……たしか丸美屋やクックドゥは倍ぐらいするからね。
 と、一瞬だけ考えたものの。
 よくよく思いだしてみれば、丸美屋やクックドゥはアレ、二食分入ってたんだなぁ。
 マボちゃんは一食分だけなんで……コスパ的にはぜんぜん変わりませんな。
 むしろ、丸美屋、クックドゥのほうが……?



 ま、コスパうんぬんはいいか。
 たいした違いでもなし。
 美味しかったし。
 あとは野菜の値段が下がってくれることを祈るのみ。
 せめて白ネギだけでも。
 納豆に刻んだネギぐらい、入れたいじゃないか……みそ汁に散らしたいじゃないか……インスタントラーメンにだって……。



 ↓↓↓↓『続きを読む』で、春ってそんなに天候不順だったかなあ? と思いだしてみる……雨が多かったんだっけ? ん?

続きを読む

line

着る裸斬る?

 昔、録画しておいたまま、ずーっと放置していたアニメ、キルラキルをようやく観た。
 驚くなかれ、録画したのは2013年の10月。
 足かけ、えーと、一年半ぐらい?
 なぜにそこまで放置していたのかといえば……どうしてだろう?

 たしか、なんとなく、グレンラガンとおんなじ匂いがしたんだよね。
 というか製作したスタッフはおんなじだったはず。
 でもって、わたし、グレンラガンにはちょっとしたトラウマがあったんですよね。
 DVDをレンタルして……めずらしくオーディオ・コメンタリーなんかがあったものですから、お、これはラッキー、と聴いてみましたら……いま思えば当たり前なんですけど、オーディオ・コメンタリーなんて、熱心なファン向けにやるものなんですよね。

 となれば、ネタバレなんか上等なわけで……DVDも買うような熱心なファンは、当然、本放送も観ているだろうし。
 テレビでの本放送は、当然ながらDVDよりも内容は先行しているわけだし。

 つまり、けっこう豪快にネタバレをかまされちゃったわけなんですよね。
 具体的には、登場人物のひとりが死ぬとバラされた。
 それがスゲーショックだったもんで、じつをいえば、グレンラガン、いまだにぜんぶ観てなかったりします。
 嘘でしょ?
 公式みずから積極的にネタバレしていく姿勢?
 ……と、当時のわたしはヘコんだんだなー、これが。

 そのトラウマが残っていた……のだろうか。
 よくわからない。
 そして、なぜにこのタイミングで見始めたのかも、わからない。
 自分で自分がわからない。
 オゥ。
 イエス。



 いやー、これがまた、最初は2~3話ぐらいだけ観ようかなー、と思ったものが、我ながらビックリしたんですが、一日で全24話、ぜんぶ観ちゃった……正確には全25話で、最後の25話は最終巻のDVDにのみ収録なんで、観れなかったんですが。

 さすがに12時間ぶっ続けで観たあとは、腰だの頭だの痛くなったりもした。
 肝心の内容は……12時間ぶっ続けで観て、腰だの頭だのを痛くしたあたりで、お察しください。
 そりゃー、もー、痛みを脳が認識しないくらいに夢中でしたよ!
 とりあえず太眉で高貴、高慢、高潔なライバルキャラはよろしかったですな。
 その太眉なライバルキャラのほうが、途中、主人公っぽくなったあたりも、たいへん微笑ましく。

 作風はとても真似ができないし、する気もないけれど。
 なんせ、ほとんどラブが無かったから。
 あと戦闘時のエロコスチュームに関しては、ちょっと邪魔だったかな。
 萌えというよりは燃えなキャラクターにエロコスチュームを着られてもねえ。
 あんまり。
 いまいち。
 最近、いまいちな部分は見なかったことにするスキルを身につけたので、そのあたりは無視して、ひたすら過剰なバトルとか過剰なストーリーとか過剰なキャラクターなどを楽しんでおりました。
 あー、よかったよかった。
 あとで最終巻のDVDも借りて、最後の25話も観ようっと。
 もはや怖れるネタバレも存在しないしな!
 ……ところで最後の25話って、レンタルにも収録されてるんだろうか?
line

ごごご

 もう五月か……。
 ちょっと気を抜くと時間ってやつぁ、あっというまに過ぎ去りやがる。
 それにしても暑い。
 おかしい。
 異常気象だ!
 ……とまではいわないけれど、だってここは東北だというのに、なぜに東京並みに気温が高いのだ。
 青森だって秋田だって宮城だって、みんなそこそこなんだぜ。
 21~24度くらいなんだぜ。
 岩手だけが、27度。
 わたしの部屋なんて二階で日当たりがいいものだから、フツーに室内の温度は30度を越えますからね。
 Tシャツ、ぱんつ姿でぜんぜん平気、むしろそうでなきゃ暑い。
 五月でこれなら、夏はどうなる。

 まあ、岩手だけがクソ暑い理由はわかってるんですけど。
 それは、それは、盆地だからー♪
 まわりを山々で囲まれた地形なものだから、すっかり空気がよどんじゃって、熱が溜まってなかなか逃げださないというね……夏は暑くて、冬は寒い。
 なんだよ、ちょっとした地獄じゃねーか。

 まあ、気候に身体が慣れさえすれば……慣れたあたりで梅雨がきて、こんどは寒くなって、なんでしょうね、風邪でも引くんですかね。
 やっぱ人間、自然には勝てないな!
 うへあ。



 ↓↓↓↓『続きを読む』で、フェーン現象ってなんだろう? よく聞くけれど。

続きを読む

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。