スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ひぐち

 読んでも読んでも、いまいち頭に入ってこない本がある。
 理由はさまざま。
 単純に、内容が難しい場合。
 わたしの場合、樋口一葉がそれに当たる。
 なんども挑戦しては、そのたびに打ちのめされている。
 読めねえんだよおおお。
 いや、樋口一葉は、書かれている内容に関しては、たぶん難しくはないんだな。
 文章の書きかたが、もう……。

 廻れば大門の見返り柳いと長けれど、お歯ぐろ溝に燈火うつる三階の騒ぎも手に取るごとく、明けくれなしの車の行来にはかり知られぬ全盛をうらないて、大音寺前と名は仏くさけれど、さりとは陽気の町と住みたる人の申き、三嶋神社の角をまがりてよりこれぞと見ゆる大厦もなく、かたぶく軒端の十軒長屋二十軒長や、商いはかつふつ利かぬところとて半さしたる雨戸の外に、あやしき形に紙を切りなして、胡粉ぬりくり彩色のある田楽みるよう、裏にはりたる串のさまもおかし、……
(樋口一葉 たけくらべ冒頭より引用)

 どうですか。
 もうぜんっぜん頭に入ってきません。
 わたくしごときの頭には到底。
 なんとなく、寂れてるっぽい感じはするんですよ。なんとなく。
 で、大音寺前という町の描写っぽい気もするんでよ。うっすらと。
 しかし、なんかもう。なんだかもう。
 おかげで数年前に購入したちくま日本文学全三十巻が、樋口一葉の十三巻以降、まったく進まない。早く十八巻に控えている澁澤龍彦が読みたいんだけど。
 読めばいいんだろうけどさあ。龍彦さあ。
 負けた気がするんだよねえ。
 なにに?
 樋口一葉に……というか、文学と称されるなにかに?
 世間に負ける前に文学に負けてるよ。
 負けっぱなしだよ。
 勝てる気がしないよ。
 二十八巻の梶井基次郎、檸檬が読みたいよ。
 あれは面白かったはずだ……。

 こういう昔の文学を読むコツというのは、いちどつかんだんですけどぉー。
 最後まで読む。
 無理矢理でも。多少、意味の不明なところは読み飛ばしてでも、とりあえず最後まで読み通す。
 そうして、小説の全体像を把握した上で、再度、読んでみる。
 全体がわかっていれば、細部もなんとなく、わかる。
 それで泉鏡花をどうにか突破してきたわたくしなのですが。
 へへっ、樋口一葉には手も足もでねえや。
 中島敦はびっくりするくらい読みやすかったのにぃ。
 太宰治も平気だったよ。
 芥川龍之介は多少、苦労した。
 あのね、ちくま文庫の場合はね、旧仮名遣いを現代仮名遣いに改めてくれてるからね、まだ読みやすいほうなのよ。はずなのよ。蝶々を「てふてふ」と読むんじゃなくて、「ちょうちょう」と読んでくれてるわけだから。
 それでも樋口一葉には歯が立たないという。
 もうこっちの歯ときたらボロボロなんだぜ。



 以上、本日また、樋口一葉に手をだして、大火傷したわたくしの駄弁でございました。
 無理だ。ブンガクには勝てぬ。
 おのれ五千円札め。
 昔っからなあ、わたしはなあ、五千円札が嫌いだったんだよ!
 千円札が五枚のほうが好きだったんだ!
 だけどスーパーで買い物すると、いつも一万円からのお釣りでくれるのは五千円札なんだよ! 五千円札に千円札が数枚……かならず樋口一葉が入ってきやがる……うう。
スポンサーサイト
line

最低野郎

 基本的にCDはネットでレンタルしているわたしです。
 ツタヤディスカスとか、ゲオとか。
 いいんだよね。
 店舗とくらべて、多いんだ、CDの種類が。
 昔のCDもあるし。
 洋楽も多い。
 もちろんデメリットもあって、最新のやつとか、人気のあるCDはなかなか借りられない。やたら待たされる。このあたりは店舗で借りたほうが早いです。

 そのネットで借りました。
 装甲騎兵ボトムズのTV版サウンドトラック、VOL.1。
 ないねー。
 リアル店舗にはまず置いてないねー。
 なんせ古いしねー。
 古いのはすぐにレンタル落ちにして売っちゃうから。
 まあ、あと、たぶん、ガンダムあたりとくらべると、人気のほうが……。

 さっそく聴いた。
 いいねー。
 なんだかんだでボトムズって、わたしはGyaoだかで週一放送されていたのを観たっきりなはずなんですけど、これがまた意外なほどBGMを覚えてる。
 PS2のゲームとかやってたからかね?
 渋い。
 けっこうジャズテイスト。
 染み入る。

 しずかさや いわにしみいる ぼとむずおん

 字余り。
 うむ。
 人生自体が余り気味かもしれぬ。



 ↓↓↓↓『続きを読む』で来週もキリコと地獄に付きあってもらう。

続きを読む

line

なんじゃろて

 ただいま、Wikipediaにて『士農工商』という身分制度は、じつは近世日本においては存在していなかったらしいと知り、けっこう動揺しております。

 なんだってー。
 なんだってー。
 なんだってー。

 Wikipedia『士農工商』へのリンク。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A3%AB%E8%BE%B2%E5%B7%A5%E5%95%86

 くわしいことは上記Wikipediaのアドレスをたどって、参考にしてほしいんですけど。
 いえ、まあ、わたくしとて、Wikipediaに記載されている内容をすべて鵜呑みにするのは危険だということは存じておりますよ。
 だけどさー、なんつうかさー、もう教科書にも載ってないっていうじゃない。
 士農工商。
 いままで時代劇とか時代小説とか読む際に、当たり前のように認識していた『士農工商』という事実が……あっさりと崩れ去り……そりゃ動揺するほかあるまいて。
 なんかねー、いちばん偉いのサムライでねー、あとはおんなじだってー。
 農工商。
 おんなじくらいの偉さなんだってさー。平等。
 いわゆるカースト制度みたいな感じじゃないの。
 マジか。

 もうさあ。
 勘弁してほしいっていうかさあ。
 学校で習ったことが間違いってさあ。
 びっくりしちゃうよねー。
 わかっていたはずなんだが……。
 そりゃー間違いもあるさ!
 変わることだってある……けど……よもや、士農工商まで!
 おまけにいまじゃあ『士農工商』は放送禁止用語だということまで知って、頭がくらくらしちゃうわあー。

 年齢不詳の人に「ねえねえ、『士農工商』って覚えてる?」と尋ねれば、いろいろボロがでそうですね!
 若い子なら覚えてるはずないんだ。
 だって教えてないんだから。
 学校で。
 うへー。

 あー、もー、びっくりした。
 べつに間違ってたってなにか被害があるわけじゃないんだけど。
 頭のなかがぐわんぐわんしたよ、ひさしぶりに。
line

きーぼー

 なんか最近、妙にキーボードがパカパカで、具体的にどうカパってるのかといえば、左側がもうパカんパカんで、『A』とか『Z』とか『1』とかシフトキーとか、小指で押すとぺこんぺこん……ヒジョーにヤな感じー。

 気のせいかもしれないけど、なーんか指が疲れる。
 とくに、文字を入力するときには『A』をよく押すから……ローマ字入力なもんで、あかさたなはまやらわを入力するときには、どうしたって『A』を押す必要がある。
 ()を入力するのにはシフトキーを押さなきゃダメだし。
 あ、入力した文字列、間違って消しちゃった! というときには、『Ctrl』+『Z』で、ひとつ前の状態に戻すこともできちゃう。
 けっこー便利です。
 原稿作業の場合、切ったり貼ったり削ったり、よく編集するんですけど、その際、たまーにミスって違うところに重ねて貼りつけちゃったりとか、ありがちなので。

 それら、文字入力のときにはよく使うキーたちが、すっかりパカんパカんなわけで。
 考えてみれば疲れるのも当たり前ね。
 たぶん、キーの状態がピシッとしているときよりも、入力するのに力は必要になるんだろうし。
 わずかな差であっても、積もり積もればかなりの違いだ。
 だからでしょうかね、文字入力のミスも増えてきたような……にゃふー。
 もうね、「ぱこぱこ」と入力したつもりが「pこpこ」とかね。
 イライラするんじゃー。

 と、我慢の限界にきたのと、スカパーのディスカバリーチャンネルでやってたクラシックカー・ディーラーズにてエドが車を分解修理していたのに触発されて、直せるものなら直してみようと試みた。

 わたしが使っているのはノートパソコン。
 ThinkpadのT400です。
 以前、キーボードが故障したんで、交換したことがあります。
 おそらくはその交換したとき、きちんと組みこめていなかったのでしょう。
 これは、ディーラーに頼めば500ポンドは取られる作業ですが、自分でやるならタダです。
 なので、自分でやった。
 いちどキーボードを外して、また組みこんだ。
 あっさり直った。
 いまのところは左端のキーを入力しても、カパってる感じはない。
 うわーい。
 スムーズぅ。
 おおぅ……。
 文字を入力するのってこんなに楽だったっけ……。
 もっと早く直しておけばよかったな……。
line

ろーどすというなの

 最近はネットでもCDのレンタルができて、しかも近所にあるゲオよりも在庫が豊富で、大変に助かっております。
 昔のCDとか、ちょっとマイナーな洋楽とか、置いてないもんね、ゲオ。
 店舗にもよるだろうし、スペースの都合もあるだろうけど。

 で、借りたのがアニメ版ロードス島戦記のサントラ。
 昔も昔、OVA版のやつ。
 あったの、OVAって。
 オリジナル・ビデオ・アニメーション。
 いまのアニメって、だいたいテレビで放映されたのをまとめたものでしょう?
 違うんだな。
 テレビで放映なんかしないんだな。
 いきなり売るんだな。
 それで買うんだな。
 いまwikipediaを見たら、全13巻で累計55万本売れたそうですよ。
 すっげえな!
 55万を13で割ったら……一本あたり42,307本。
 すっげえな! すっげえな!
 一本につき一話しか入ってないのに!
 いい時代だったぜ!

 ……で、OVA版のロードス島戦記に思い入れがあるのかといったら、じつはそれほどない。
 一本だけ観たと思う。
 たしかギムが死んでた。ドワーフのおっちゃん。
「レイリアー!」
 とかいって死んでた。
 しばらく真似してた。
 友だちには微妙にウケた。
 wikipediaで調べたら、え? アニメってマーモの島まで乗りこむの?
 だってアニメが作られた時点では、まだ原作小説はそこまでいってなかったんじゃ……と思ったら、やっぱりオリジナルの展開らしい。
 カシュー王は声がシャアだったのか……覚えてないなぁ。

 そんな、たいして思い入れのないOVAのサントラをなぜ借りたのかといえば、オープニングとエンディングの歌が聴きたかったから。
 なぜだろう、アニメ本編にはさほど思い入れがないのに、OP、EDの歌には思い入れがある。
 本当になんでなんだろうな……ゲームかな?
 PCエンジンとかメガCDとか、けっこう頑張ってアニメのOP、EDを再現していたような気が……古い。古いぞ!

 オープニングの歌が、『Adesso e Fortuna ~炎と永遠~』。
 エンディングの歌が、『風のファンタジア』。
 やっばいねー。
 聴いてるとなぜだか泣きたくなってくるねー。
 過去への郷愁なんだか、なんなんだか。
 あのころは行きたかったです。
 ロードスの世界に行きたかったー。
 パーンやディードリットとともに冒険がしたかったー。
 いまとなっちゃ嫌だけど。
 嫌だよ。
 死にたくないよ。
 危険は危ないよ。
 平和がいちばん。
 あ、でも、冒険しないならいいかな……。
 野性味あふれるダークエルフと森の奥でいちゃこらしたいです。
 我ながら汚れたな……。
line

たまたまん

 Gのレコンギスタが面白くってたまんねぇ!
 なんかこー、いまどきのアニメの流儀からは外れたキャラクター設定、演出、セリフ回し、ストーリー展開が楽しくってたまんねぇ!
 古い、という人もいますが。
 こちらとしては、それがひとまわりして逆に新しくってたまんねぇ!

 モビルスーツの戦闘もカッコよくてたまんねぇ! し。
 重要だなー、そこんとこなー。
 ビルドファイターズトライもなー。
 カッコいいっちゃカッコいいんだけどなー。

 見たくなくても目に入っちゃうネットの評判では、「つまんない」って人もいるんだけど。
 そのつまんない理由が「わけがわかんない」だったりするんだけど。
 こちらとしては、面白い理由が「わけがわかんない」ところだったりするから、ああもうたまんねぇ!

 本当に観ていて「わけがわかんない」んだけど。
 その「わけがわかんない」ところが本当に面白いんだけど。
 なんだろうなー。
 どうして「わけがわかんない」のに面白いんだろうなー。
 普通は不安を覚えるものなんだけどなー、わけがわかんないとなー。
 信用?
 作り手である、富野監督への?
 うーん……。
 まあ……。
 あるかもしれないけど。
 だけどなー。
 たぶん、最後まで見通しても、やっぱり感想は「わけがわかんない」になるような気がするんだよなー。
 でもそれで満足しそうな気もするんだよなー。
 まったくたまんねぇ!

 けっきょく、なにがいいたいかといえば、登場する女の子がみんなかわいくってたまんねぇ! だったりするんですけどね。
 いまんところ全員がいいわ。
 たまんねぇ! わ。



 ↓↓↓↓『続きを読む』で、拍手コメントにたまんねぇ!

続きを読む

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。