スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

じょじょじょ

 ジョジョの奇妙な冒険のアニメ、BS11でも放映されていたのをたまたま気づいて、なんとなく録画。
 観てみる。
 オレはニンゲンを止めるぞー、ジョジョー!!
 の、ところだった。
 おお、盛りあがるところでござる。
 さてさて……。

 ……ぷっ。
 くく。
 くくく。
 ははは。
 あはは、あははは。
 うはははは。
 うーひゃひゃひゃひゃひゃひゃ。
 げほんげほん。

 な、なんだこれ。
 面白い。
 すごく面白いぞ。
 いや、本当に面白いんだけど、ただ……い、いいのかなあ、この面白がりかたで? と、ちょっぴり不安になる感じの面白さでもあったりして。

 とても忠実に原作を再現しているんですけれども。
 なんていうか……あまりにも忠実に原作を再現しすぎて……すこしばかりヒドイことになってるというか……ああ! でも、もしかしたら面白さの大半はディオかもしれない。
 というか、ディオの演技が……。
 ウリィウリィいってるし。
 驚いたときに甲高く「ウリィ!?」とかいうのは反則だと思う。
 そんなの笑っちゃうに決まってるじゃないかー。
 演じてる声優さんはスゲー楽しそうだけど。

 北斗の拳が近いのかなあ。
 秘孔を突かれたモヒカンが、「あ~ん、テメエ、いったいなにをいって……て、て、て、わらばっ!」とか奇声をあげて爆散しちゃうとき、ちょっと可笑しかったりするっしょ。
 アレが毎回ある感じというか。
 力が入りすぎてて面白いというか。
 ジョジョのアニメ、正直いってあんまり期待してなかったんだけど(ごめんごめんごめん)、そっかー、こっちかー、こっち側できたかー、という驚きと喜びがいまわたくしの全身を包んでおります。

 次回はツェペリさん登場。
 なんかやたら展開が早く感じる……これ、仮に全24話とかなら、もしかして第二部までやったりするんだろうか。やってくれるんであれば、シュトロハイムとかエシディシとか、いまからとても楽しみなんですけれども。



 ↓↓↓↓『続きを読む』でURY。



続きを読む

スポンサーサイト
line

ぐーぐー

 恥ずかしながら、いまだに携帯電話はスマートフォンではなく、iPadのようなタブレット端末も持っていない、いわゆるタッチパネルマシーン童貞なわたしです。

 わーん!
 ぼくも指でオシャレにしゅっしゅってやってみたいよー!

 ……とはなんとなくうっすら思いつつも、だってスマホは電池の持ちが悪いしなー、iPadは高いしなー、そもそも買ったところでとくに使い道があるわけでもないしなー、とうだうだ言い訳しつつ、あのぶどうは酸っぱいんだと自分を誤魔化しておったわけでございます、が……。

 ネクサス7。
 キンドルHD。

 あら。
 なんか2万円くらいで買えちゃう上に、そこそこ高性能なタブレット端末が、いろいろでるみたいじゃない?
 やだー。
 これなら手が出そうー。
 ってゆーか手を出してしまいそう。
 うう。

 いまだにタブレット端末でどんなことができるのかよくわかってないわたしだったりもしますが。
 ってゆーかネクサス7とキンドル、なにがどう違うのやら。
 はて、さっぱり。
 でも欲しい。
 なんとなくキンドルに心惹かれつつも、アプリとか考えるとネクサスのほうがいいのかなー。
 わかんないなー。
 ウフフ。ウフフ。

 ちなみにどちらも、ネクサスがグーグル、キンドルがアマゾンと、海外の企業の製品であるというですね。
 こんなもの出されたら、国内のメーカーとか到底たちうちできませんやん。
 だって19,800円とかさあ……。
 無理だよねえ。
 どうするんだろうなあ。
 どうにもならないんだろうなあ。

 とりあえず、寝ながらネットできるようになることを夢見て。
 これ以上ぐーたらになってどうする、ってな話でもありますが。



line

ぱぱぱ

 ふと急に思いたって、CDをレンタルしてくる。
 PerfumeのCD。
 あのパフューム。
 よくわからないままに2枚のアルバムをば。
 GAMEというのと、あとは……△?
 なんて読むんだろう。
 パフュームさんかっけー?
(絶対に違うと思いながら)

 みなさん、うっすらお気づきでしょうが、このボンクラブログ主、いままでパフュームを聴いたことがない。
 というか、よく知らない。
 ポリリズムぐらいは聴いたことあるけど。
 えー。
 曲がりなりにも若者向け小説であるライトノベルの書き手なのにー?
 あの若者に大人気な電子音楽ぴこぴこアイドルユニットを知らないのー?
 それで生きていけるのー?
 まあそれでなんとか生きてきたんですけど。
 ついでにいうと初音ミクもあんまりよく知らず……いや、このままじゃいけないなあと前々から思ってはいたんですよ。
 思っていたから借りてみたんだよう。
 なんだよ、べつにいいじゃんかよう。
 ついでに鈴木雅之のベストアルバムも借りてきて、『違う、そうじゃない』が入ってなかったことにショックを受けてもいてよう。
 なんでだー。
 あれは代表曲じゃなかったのかー。
 ウェズリー・スナイプスじゃなかったのかー。
(違う違う、違う、そうじゃない)

 さっそく聴いてみた。
 いや、雅之じゃなくてパフュームのほうを。
 聴く前のイメージは、前述したとおり、電子音楽ぴこぴこアイドルユニットというものでありました。
 だいたいイメージどおりでありました。
 ぴこぴこでございました。
 ははあ。
 なるほど。
 こりゃ人気でるわー。
 人気でなくちゃおかしいわー。
 ウソごめん。
 人気がでるとかでないとかはぜんぜんさっぱりちっともよくわかっちゃいないボンクラではありますが、とりあえず聴いてて気持ちはいい。スゲーいい。
 ボーカルも機械的な処理がされていて、ちょっと聴いた感じだと初音ミクっぽい(だからあんまりよく知らないんだけど)、いわゆるロボットというか無機質な感じなんだけど、それがぴこぴこな音楽とあいまって、じつに心地よく……うーむ。

 イイネ!
 ちなみによくわからないアルバム名であった『△』は、『トライアングル』と読むのであった。さんかっけーではなかった。
 あ、鈴木雅之も良かったです。
 聴きたかった『違う、そうじゃない』は入ってなかったけど。



 ……つぎはももクロあたりを攻めてみるか。



line

うるるるん

 amazonに注文していた加湿器が届く。
 ダイニチのハイブリッド式加湿器、HD-5012。
 約13,000円也。

 さっそく使ってみる……も、外は雨。
 湿度、余裕の50%ごえ。
 わーい。
 意味ないじゃーん。

 気を取りなおして、数日ほど使ってみた乾燥。もとい、感想。
 加湿器だけに……。
(無意識のうちにこんなジョークを飛ばすようになったらもういろんな意味で手遅れなので気をつけましょう)

 とりあえず湯気がでない。
 なので視覚的にはあんまり加湿されてる気がしない。
 吹き出し口に手をやると、なにやらひんやりとした風が。
 ほう……。
 これがハイブリッド式の加湿というものか……。

 で、加湿されてる気はさっぱりしないんだけど、部屋の温湿度計を見るとだいたい55%前後をキープしているようだし、加湿器そなえつけの湿度計を見ても60%とかになってるし(しかし、なんだって湿度計同士で数値が異なるんだろう? 場所が違うから?)、なによりも唇がかさかさしない。

 この時期、すぐにぱきぱきになってしまう、やわなMyリップ。
 それが、それなりにまともな状態に。
 喉の調子も(まだいがらっぽくなるときがたまにあるとはいえ)、悪くない……気がする。
 眼はどうだろう?
 もうちょっと様子を見ないとわかんないかな。

 音は……まあまあ静か、だろうか。
 室内が乾燥した状態で、フルパワー加湿をしているときだと、そこそこ風の音が聞こえてくる。
 空気清浄機が動いてるような感じの風音。
 だけど、それなりに室内がうるおってる状態なら、ほとんど風の音は聞こえない。
 わたしはあんまり気にはならないかなー。

 本体のサイズ。
 でかい!
 高さ37.5センチ、幅も37.5センチ、奥行きは19センチ!
 前もってそのサイズは調べていたし、メジャーでなんとなくこんなもんだろうという見当はつけていたんだけど、それでも実際に届いたとき、でけーと思ったです。
 まあ、でもしょうがないのかな……。
 木造家屋で8.5畳をうるおせるパワーですからね。
 それだけのパワーをだそうとしたら、このぐらいのサイズになってしまうのかも。

 タンク。
 本体が大きいぶんだけ、タンクもそれなりに。
 4リットルも入るぜー。
 だから8時間ぐらい持つぜー。
 そのぶん、持ち運ぶのに重いっちゃあ重いのかも。
 ちなみにわたしの部屋は二階だ。
 重い。

 お手入れ。
 これがけっこうそこそこめんどくさげな予感。
 えー、二週間に一回、フィルターを水で洗わなきゃならないのは、まあいいんです。
 居間で使っていたスチーム式の加湿器の場合、毎日のようにフィルターを洗わないと、白い水アカの固まりがこびりついたりするし、本体だって一週間に一回ぐらいのペースで洗わないと、やっぱり白い水アカ地獄だし……それとくらべれば、二週間に一回なら、まあ。
 むしろ楽?

 問題は、1ヶ月に一回、クエン酸を溶かしたぬるま湯にフィルターをつけ置き洗いしなくちゃならないということで……どうなんだろう。
 実際にやってみると、これが意外とめんどくさそうな……。
 べつにやりたくなければやらなくてもいいらしいんですけどね。
 ただし、その場合、フィルターは1シーズンしか持たないらしい。
 クエン酸でつけ置き洗いすれば、5シーズン持つそうな。
 寿命、5倍。
 ちなみにフィルターの金額、1,785円。
 うーむ。
 微妙な金額。

 まあでも、せっかくの高い買い物だしね……。
 がんばれる範囲でお手入れ、がんばろうかと思う所存。



B008YQM90Qダイニチハイブリッド式加湿器 HDシリーズ グレー HD-5012-H
ダイニチ 2012-08-24

by G-Tools

B008YQLZU6ダイニチハイブリッド式加湿器 HDシリーズ ブルー HD-5012-A
ダイニチ 2012-08-24

by G-Tools
line

いっちろん

 いままでほとんど野球には興味がなくって、「あー、そういえば巨人の阿部って最近スゴいんだっけ?」くらいの知識しか持ちあわせてはいなかったんですが、そんなわたしでもイチローぐらいは知っているんだ。

 そのイチローがヤンキースに移籍して、で、よくわからないけど頑張ってるという。
 そしてその頑張ってるらしい試合が、NHKのBSで観れるという!

 観たよ。
 せめてすこしでも受信料を取り返さなくては……という下卑た考えがなかったかといえば、それは嘘になろう。
 だけど、違うんだ。
 ぼくは純粋な気持ちで、ただイチローを応援したくって……そう思って観てみたとたん、ずーっと負けっ放しというですね。

 相手チーム強すぎー。
 タイガース(ノット阪神。イエスデトロイト)の投手、良すぎー。
 だれも打てへんやんかー。
 こんなんどうしようもないやんかー。
 そして迎えた3タコ祭り。
 もう観ていてただただげんなりするばかり。

 ただいま、優勝決定シリーズ、らしい。
 先に4勝したほうが決勝進出。
 そしてヤンキースは3タコ中。つまり3敗中。
 残り1敗。
 まあ……ヒジョーに厳しい状況でございますわね。

 で、前述したとおり、あんまり野球には興味がなくって、世間からスゴイといわれるイチローがどれだけスゴイのかを知るためだけに観ているフシがありありなわたしは、このままヤンキースが敗退したら、たぶん続きはきっと観ないであろう。
 だってほかの選手知らないし。
 せめてダルビッシュとか、知ってる選手がいるチームが残っててくれたらなあ。

 こういうわたしみたいなのが、まさしく『にわかファン』なんでしょうネー。
 自分が知ってる選手が活躍するかどうかしか興味がないという。
 ヌフフ。
 グフフ。



 ↓↓↓↓『続きを読む』で続きが読めるよ!

続きを読む

line

かっさかさ

 なんか妙に喉が渇くなー、唇がかぴかぴするなー、眼がしょぼしょぼするなー、やだなー、歳はとりたくないなー、なんて思っていたら。

 ふと温度計に目をやって、驚愕する。
 温度22.3度。
 これはまあよい。
 問題は湿度。
 シチズン製、湿度も測れる温度計……時計やカレンダーもついてるよ! な便利な品ではあるのだが、このときの湿度、34%。

 かっぴかぴじゃないですか!
 そりゃー喉も渇くし唇もかぴるし眼だってしょぼしょぼするわいなあああー。

 知らなかった。
 こんな湿度だったなんて、なにしろこの温湿度計、買ったのは最近だったから……思えば、いつだってこの時期は喉が渇くし唇はかぴるし眼はしょぼっていたような気がする。
 まあ、冬は乾燥するし。
 乾燥するんだから、しかたない……とはなんとなくうっすら知識としては持っていたけれど、実際に数値として出されると……わーい。

 うん、加湿器を買おう。
 いままで加湿器を自分の部屋では使ったことがなかった。
 だって、どのくらいの湿度なのかとか、体感でしかわかんなかったし……いくら冬とはいえ、50%ぐらいはどうやら欲しいらしいですよ、湿度。
 34%とか最低。
 インフルエンザのウイルスも大量発生するわ、そりゃー。
 実際、注意されるしな。
 シチズン製の温湿度系、そのときの温度、湿度から判断して、インフルエンザ注意! 的な表示、されるしぃ。

 さて……いつものように引きこもりなぼくはamazon先生に頼るつもりではいますが、いざ加湿器を買うといっても、どんなメーカーのどんな商品を買えばいいのか……いろいろございますよね。
 スチーム式だの超音波式だの気化式だのハイブリッド式だの。
 なにがなんだかさっぱりだ!
 とりあえずハイブリッドにしておけばいいのかなあ……しかし高い。高いなー。いまいる部屋って木造の八畳なんだけど……それを加湿できるのって、なんだか妙に高いぞ。
 ぬーむ。
 一万円を超える買い物は、すこし腰が引けてしまうな……。
 とくに最近は稼ぎが……にゅぷぽ。

 えー、いまから自分に対する言い訳タイムに入ります。

 ――だってさ、ほら!
 風邪を引いたりしたら、けっきょくは病院にいってお金がかかっちゃうじゃん?
 それを考えたら、一万円ぐらいの買い物、長い目で見たら絶対にお得だって!
 え、えー、そうかなあ……。
 そうだって!
 そ、そうかなあ……。
 眼だってしょぼつかないだろうし! なにしろ眼は大事でしょ? 商売道具だ!
 う、うん……まあ……。
 快適な執筆環境こそが、名作をうむ……だよね?
 あー……ううー……。
 ほら、もうゴールしちまえよ、センセイ……なあ?
 あ、ああ……指が勝手にぃ。
 ぽちっ。

 ……と、いうわけで、なんとなく直感でダイニチのハイブリッド式加湿器を注文してみた。
 なぜに直感なのかといえば、直前に見ていたアニメのトリコで直感直感うるさかったからです。
 すぐにアニメの影響を受けるわたしです。

 一万三千円だったけど……。
 インフルエンザとかになるよりは……まあ……たぶん、きっと……。

 最近、あたらしく出たipod touchも欲しいんだけど……物欲が、物欲がー。
line

むーむーむー

 最近、ちょっと寒くてねえ……。
 日中はぜんぜん平気なんだけど、むしろすごしやすかったりするんだけど、問題は夜。
 夜行性の動物のごとくゴキ○リのごとく、夜をメインに活動しているわたしとしては、真夜中から明け方にかけての芯にくる寒さは、なかなかに厳しかったりする。

 ……もう、いっそコタツ出してしまおうか。

 いやいやいやいや。
 いくらなんでも早すぎるだろう。
 まだ気温は10度ちょっとぐらいはあるわけだし。
 しかし……。

 寒さは抵抗力を奪うからねえ。
 もう風邪は引きたくない。
 なんで引きこもってるのに風邪なんか引くんだよ、と思わなくもないんだけど。
 コンビニとか本屋ぐらいしか出かけてないのに……充分か。
 本屋とか人、多いしなあ。
 マスクつけて行動するようにすればいいのかなあ。
 ただでさえ不審者くさいのに、マスクなんかしたらハンパなく職質されそう。

 コタツ……。
 ストーブ……。
 どてら……。
 毛布……。
 ラーメン……。
 鍋……。
 シチュー……。
 豚汁……。
 おでん……。
 しゃぶしゃぶ……。
 ああ……。
 なぜ食べものの話になるのだ……。
(おなかが空いてるからだと思います)



line

くりきんとん

 なーんか最近、集中力が続かなくなっていることに気づく。
 たとえば映画を観る。
 30分ほどもすると、ちょっと休憩したくなってしまう。
 昔はもうすこし、我慢できたはずなのに……。

 ……ん?

 いや、そうでもないね?
 幼いころから落ちつかない子供でしたよ。
 なあんだ。
 じゃあ、これは昔っからか!
 昔っから、集中力なんてなかったんだ!
 わーい!
 生まれたときからいままでー、薄ぼんやりとすごしてきたんだぜー。

 まあ、観るポイントが変わってきたせいもあるのかなー、と思うんですけどね。
 子供のころはなんにも考えず、ただ口を半開きにして「わー、スゲー」と愉しんでただけだったんだけど。
 いわばマグロ。
 完全受け身状態。
 それが、いまはもう、バカはバカなりにいろいろと考えながら観るようになっちゃったからねえ。
 先の展開を予想したりとかさー。
 自分だったらこうするなーとかさー。
 このネタは上手くかたちを変えればあとで使えるかもしれないなーとかさー。
 たぶん、昔よりも集中して観るようになっちゃったんじゃないかと思うんだ。
 そうして自己を弁護してみるテストなんだ。

 あとはアニメの観すぎって話もですね。
 ほら、だいたいのアニメって一話30分じゃない。
 CM分をカットすると約24分か。
 そのリズムに身体が慣れちゃってさー。
 もう2時間とか持たないんだよねー、的な?

 だから大変だったんだなあ。
 いや、けっこうな前にNHKのBSで放映されていた『続・夕陽のガンマン』を、1年だか2年ごしだかでようやく観たんですけどね。
 なんだってそんな寝かせていたのか。

 だって3時間もあるんだもんよ、上映時間!
 ただでさえ身体がアニメ仕様になっちゃって、30分しか集中力が持たないというのに。
 それが3時間。
 あ、ムリ……これ、ムリ……と怖じ気づいたとしても、だれもわたしを責められまい。
 だけど観た。
 頑張って(マカロニ・ウェスタンを頑張って観るという時点でなにか間違っているような気もするが)観た。
 家政婦の……やめておこう。

 やはり途中、途中で休みながらの視聴となってしまったのですが。
 面白かったですよ?
 いえ、30分ごとに休憩を入れながら観て「面白かったー」とかいってもなんの説得力も無いのは重々承知の上ではあるんですけど。

 この『続・夕陽のガンマン』。
 原題は『The Good, The Bad And The Ugly』となってるんですね。
 意味はそのまま、『善玉、悪玉、卑劣漢』。
 タイトルどおり、それぞれ善玉、悪玉、卑劣漢であるガンマン三人が、裏切ったり裏切られたり、罠にかけたりかけられたり、報復したり拷問したりしながら、一攫千金を目指してバキューンバキューン、流れるメロディーはモリコーネってな話なんですが。
 以上、Wikipedia調べ。

 なにしろマカロニ・ウェスタンですからして、あまり難しいことは考えずに「わー、このシーン、かっこえー」と愉しむのが正しいと思ったので、そうした。

 善玉を務めるのは我らがクリント・イーストウッド。
 メチャクチャイケメン。
 ちょっとベッカムに似てる気がしないでもない?
 さすがは主人公……だけど、善玉というわりにはやってることがけっこうあくどいような。
 いや、あくどいよ!

 悪玉は前作(といってもタイトルだけど中身はなんらつながりはないらしいけど)『夕陽のガンマン』で渋カッコイイオッサンガンマンを演じたリー・ヴァン・クリーフ。
 あいもかわらずの渋カッコよさ。
 前作とは違って悪役なんだけど、金のためなら容赦なくブチ殺しまくり、女は殴りまくりな悪役なんだけど、それでも渋カッコイイのが素敵だよね。

 で、問題は卑劣漢。
 わー、主役のクリント・イーストウッドかっこえー。
 悪役のリー・ヴァン・クリーフも渋かっこえー。
 だけどだれの物語なのかといえば、画面に映っている時間やらセリフの多さやら見せ場の多さなどから考えても、小ずるい卑劣漢のオッサンの物語なのだなあ。
 ってゆーか、実際のところこのオッサンが主役じゃね?

 この卑劣漢のオッサンガンマンときたらマジ卑劣漢。
 演じてるのはイーライ・ウォラックさんらしいけど寡聞にしてわたしは存じあげない。
 このオッサンがまた小ずるいんだ。
 情けないし。
 汚いし。
(見た目も行動も)
 いまいち後先を考えてないっぽいし。
 すぐ裏切るし。
 意外と間が抜けてるし。
 あ、でもオッサンはちゃんと風呂に入ってたなあ……。

 だけど、どうも憎めないというか、たとえば保安官に賞金首として突きだされたとき、手足を縛られて床に転がった状態でさんざん悪態をつくんだけど、「おまえの母親は……!」ときたところで、「……それは勘弁してやるぜ!」といちおう遠慮してあげるとかね。
 銃砲店に客の振りをして入って、あんのじょう、ピストルやら帽子やら店主の有り金やら巻き上げるんだけど、その店主が大事そうに抱えていた酒瓶だけは、いったんは取りあげるものの、ちょっと考えてやっぱり返してあげるとか。
 なんか微妙に愛嬌がある。

 じゃあ、このオッサンを主人公にして物語を作ったとして、おまえは観るか? といわれればあまり触手は動かないうねうねだったりもするので、やっぱりクリント・イーストウッドとリー・ヴァン・クリーフは偉大だなあ、と。

 ネットでの感想を拾い読みしていたら、卑劣漢のオッサン=ゲゲゲの鬼太郎にでてくるねずみ男という記述があって、すごく納得した。

 善玉=鬼太郎
 悪玉=ぬらりひょん
 卑劣漢=ねずみ男

 とか考えると、じつにしっくりくる。
 というかもうそのままでアニメ化できるんじゃないかというね。
 水木しげる先生は偉大だぜ!
 あと故・山田康雄がイーストウッド、納谷悟朗がリー・ヴァン・クリーフ、大塚周夫(ねずみ男!)が卑劣漢を演じたという、超絶面白そうな吹き替え版も観てみたいぜ! と切に切に思った。
 ってゆーかね、じつは山田康雄版のイーストウッドって、字幕版で観るよりもチンピラ度合いがあがってる気がするのよね。
 それがカッコよかったりするんだけどさあ。

 DVDでもレンタルしてみるかねえ。
 集中力はアレだけど。
 そして3時間はやっぱり長いけど。

 と、たまには長々とマジメな文章も書いてみた。




line

かかかか

 世間では微妙にカツカレーが話題になってるようですね。
 普段、ワイドショーとかほとんど観ないので、具体的になにがどうなってるのかとか、あまり知らないし、ってゆーか知らないままのほうが幸せかなあと思ったりする今日このごろなんですが、違う!
 問題はカツカレーなンだ!

 異端者として火あぶりの刑に処されそうなのを覚悟でいうんですが、わたし、カツカレーの美味しさがよくわかんないの……。

 いや、カレーは大好きですよ?
 トンカツだって大好きさ!
 揚げたてはたまらんですよね。
 ざくっとして、じゅわっときて、アツアツでぇ。
 冷えたのもいい。
 べたっとした衣にソースをだばだば染みこませて、ごはんでかっこむ……いい。
 とんかつ屋さんのどろっとしたソースもいいし、我が家のしゃばしゃばしたブルドッグなソースもいいし、ちょぴっとカラシを塗ってぴりっとした味わいを楽しむのもいい。もちろんキャベツの千切りはかかせない。
 ああ、なんて素晴らしいのだろう。
 トンカツってなんて素晴らしいんだろう!
 ありがとー!
 最初にトンカツを考えだした人、ありがとうー!
 ブタさんもありがとうー!
 美味しく食べるからねー!
 まあ、最近、ちょっと食が細くなってしまったせいで、あまりとんかつ屋さんに食べにいくことはできなくなってしまいましたがね……。

 とんかつって、普通に頼むとちょっと多いんだよなあ……。
 すくなめとか頼めるところがあればいいのに。

 あ、話がわき道にそれた。

 だから、カレーは大好きだしトンカツも大好きなんですよ。
 だけど、そのふたつが合体したカツカレーは、どうも素晴らしさがわからない。
 べつべつに食べたほうが美味しいじゃん!
 むしろカレーにトンカツの合体プレーとか、脂っこすぎて厳しい戦いを強いられるじゃん!

 老いて、食が細くなったからいうのではなく。
 昔っから、とんかつ屋にいったらたいがいご飯のおかわりが自由なのをいいことに苦しくなるまでおかわりしてけっきょくは後悔するなんてことを懲りもせずにくり返していた若かりしころから、カレーはカレー、トンカツはトンカツで、べつべつに食べたかったんです。

 カレーはカレー!
 トンカツはトンカツ!
 それが正であり善であり美なのだ!
 わたしはそう思ふ。

 ……ところが、カレーにハンバーグは許せたりするていたらくなんだなあ。
 我ながら自分というものがよくわからない。
 そしてたまにコンビニでカツカレー弁当を買って食べたりもする。
 食べては文句をいう。
 やっぱりカレーはカレー、カツはカツだよ! って。
 うん、家で食べるならともかく、外食の際にカレーだけってのはたしかに淋しいものがあるよね。
 だってお店で食べるカレーって、たいがい具がないから。
 ルーだけだから。
 となると、なにかもう一品、欲しくなって……。
 必然的に、カツ……。
 そして文句をいう。
 カレーはカレー、カツはカツだよ! って。
 ハハハッ、我ながらめんどくさいな!

 結論。
 人がどんなもの食べようが、それはその人の自由だよねー、ということでした。
 たとえ、3,500円するカツカレーだって……。
(時事ネタを絡めつつ終)



 ↓↓↓↓『続きを読む』でなにかあるかも。

続きを読む

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。