スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

まっくう

天地を喰らう。
Not、マックを喰らう。
本当、このブログはラーメンとマック以外に話題がないのかと思われる向きもございましょうが、まあだいたいそのとおりです。えへんぷい。

まずは期待の鶏系新作、ジューシーチキンフィレオ。
ちなみにケータイのクーポンを使ったから200円だっ!
ひとくちめ。
ざくっ。
もしゃもしゃ、もしゃ。
もしゃしゃしゃしゃ、もしゃ。
ごくん。

うん?
ざくっ。
ときたら、じゅわじゅわじゅわ~、ってジューシーな肉汁が広がるんでないのん?

なんか……普通です。
期待値が高杉晋作だったのかもしれん。
とか小粋な幕末ジョークを飛ばしてみる。

ってゆーか、もしかして、ちょっと揚げすぎ?
ジューシーどころかすこしパサついた感も……美味しいんですけど。
ちゃんとフライしたチキンってるし、満足感もあるんですけど……わあ、お汁がぴゅぴゅって飛びだすよう! ……的な小さなお子さまも歓喜のあまりに汁で汚れた顔で恍惚の表情を浮かべるところまでは、いかなかった。

うむ。
次回のトマトビッグチキンなるシロモノに期待しよう。

あとは100円マックの雄、チキンクリスプも食べた。
チキンフィレオといっしょに。
深夜なのに。
カロリーがスゴイことになってそう……だから太るんだ。
でぶぶー。

こちらはさくさくした食感に、スパイシーなソースが合わさって、言葉はアレですが、なんていうか上手く誤魔化して食べさせてくれる感じ? で、値段を考えたらぜんぜん悪くない。
わたしが子供のころにこんなのがあったら、おやつ代わりに喜んで食べてたでしょう。
なにせ100円だし。
そして太っていたに違いない。
でぶぶー。

以上!
最近、アニメのトリコに登場する二代目メルクがいろんな意味でツボなんですけど、(本当はすごい実力の持ち主なのに自分に自信が持ててないところとか、声がリリーナさまだったりするところとか)原作だとこれ以降、出番が無いんだよねー……とすこし淋しく感じるけどこのあと出てくるゼブラはゼブラで萌えキャラだからまあいいか、的な。
スポンサーサイト
line

ふらわーむーん

カレーラーメンを食した。
そう、みんなだいすき、らあめん花月の期間限定ラーメンの話だよ!

感想。
カレーでした。

もうカレー。
とにかくカレー。
スープもカレー味なら、麺の上にもカレーのルーが乗っていて、まったくもって今日は一日カレーざんまい的な。
こいつあ、まさにカレクックとラーメンマンの夢のコラボだ!
げぇー!
(キン肉マン調驚きの表現)

で、美味しかったんだけれども、そこはかとなく某カップラーメンのカレー味にも通じるものを感じたりして。
あと若干カロリーも気になった。
背脂ぎっちょりだったんだもの。
まあ、カロリーなんか気にするんなら、最初っからラーメンを食いにいくなって話なんですけどもね。
はふはふ。

そして、今日は家族といっしょに食べにいったんだけれども、その家族が頼んだのはげんこつらーめんの塩味だったはずなのに、なぜかみそ味が届けられたという。
痛恨のオーダーミス。
っていうか、届いた時点で「間違ってます」といえばいいのに、黙って最後まで食べてから「……じつは違ってたんだよねー」とわたしに明かされてもですね。

★  ★  ★

でもって花月、もう冷やし中華を始めてました。
花月の冷やし中華って、けっこう美味しいんだけど、妙に量が多いのはなぜなのか。
なんか大盛りなのがデフォなんだなー。
デフォルト、つまり標準の状態、すなわち基本なんだなー。
あんまり冷やし中華をがっつりと食べたいとは思わないわたしは少数派なんでしょうか。
かといって、外食にいって残すのもちょっと抵抗が。
根がいじきたないもので。
むーむ。

★  ★  ★

ふらふらと寄った書店にて、ぶらぶらひでお絵日記を購入。
ついでにラノベコーナーのMFの棚を見て、まだ自分の本が並んでいるのを確かめて安堵したり、もうしわけない気持ちになったり。
ちゃんとかのこんが全巻置いてあったのは素晴らしい。

★  ★  ★

ぶらぶらひでお絵日記(漫画家の吾妻ひでおさんが、ホームページに載せた絵日記(といっても、ほとんどが日記の内容に関係のない女子高生のイラストばかり)をまとめたもの)を読んで、とても楽しかったんだけども、ふと、「オレ……もしかして、いや、もしかしなくても、この吾妻センセーより仕事してねーな……」と思い至って、ちょっと落ちこむ。

★  ★  ★

ひさしぶりに担当さんから電話くる。

「原稿、どうなってますか!」

と元気よく尋ねられたので、

「生存戦略、始めましたー!」

と答えたら、「うんうん、ピングドラムは面白いですよねー……コラ!」とノリツッコミ気味に叱られた。
優秀な人だと思った。

★  ★  ★

微妙に聖闘士星矢熱が盛りあがる日々。
なんと岩手でも新作の聖闘士星矢Ω、ちゃんと放送してくれてるのだ。
ありがたやありがたや。
観てるよもちろん。
録画してるよ毎週。
ところで子供向けのグッズとか出さないのですかね?
もうしわけていどにガムの入ったシールとかフィギュアとか。

★  ★  ★

アニメといえば、NHKで放送中のナディアHDリマスター……ではなく、少年&少女サッカーアニメである、銀河にキックオフ!! ……がおもしろい。
話の進むテンポがスゲー速くて素晴らしい。
スポーツモノのお約束として、チームのメンバーを集めるんですけど、普通、1話で一人とかそんなペースでしょ?
もう三話目でメンバーそろった!
……と思ったら、その回の最後で主人公以外の全員が抜けるという。
スゲー。
ゴイスー。
いや、いまはこのぐらいのテンポの良さが当たり前なのか?
とにかく、どんどんと快楽を味あわせる方向じゃないと、なにしろ他に娯楽のあふれてる昨今、たやすく逃げられてしまうのかも……とか思った。
他人事じゃないな。
たぶんライトノベルもそうなんだろうな。
重厚なのは流行らぬ時代でござるか。
まあ『ライト』なノベルですからなあ。
うーむ。
ライトなノベル……ライトなエロス……ヘビーエロス?
なんだヘビーなエロスって。
父と娘がどうとかで曽根崎心中な感じか。
やだなあ、そーゆーのは。
じゃあ家畜人でマルキ堂な?
そういうのもちょっと……。

やっぱりライトなエロスがいいかも!
ってゆーかライトなエロスの段階でライトなノベルじゃないかも!
きゃっきゃうふふ!




↓↓↓↓拍手コメントぷぅ返事ぷぅ。

続きを読む

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。