スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

えすぷ

近所のスーパーで、賞味期限が迫っていたため叩き売られていたコーヒー粉が予想外に美味くて幸せ。
キーコーヒーのエスプレッソロースト。
エスプレッソうんぬんよりも値段に惹かれて買ったものだから、とくに味には期待はしてなかったんだけど……。

あら、思ったより苦くない?
エグ味も無いし、酸味も無く、苦さほどほど。
グラニュー糖を入れなくてもぜんぜん平気!
ミルクは入れるけど!
だってまだ胃が……。
いえ、ちょっと今日のお昼、ラーメン食べるとき、辛味調味料を入れすぎて……うん、学習しないね、自分。

というわけで、コーヒー飲みながらぺちぺちキーボードを叩いておるところでした。

ぱんどらの感想、ありがとう。
励みにしながらがんばるぬーん。
スポンサーサイト
line

ふらっしゅ

フラッシュというとフラッシュ・ゴードンを思いだしてしまうわたしなんですが(映画ではなく、クイーンの曲なんですけども)、そのフラッシュ・ビューワーでぱんどらの冒頭が読めるぞっと。

http://www.mediafactory.co.jp/bunkoj/books.php?id=24510

上記urlをクリックすると、MF文庫Jのサイト内、ぱんどら2巻のページにつながります。
その下側にある『立ち読みコーナー』のところをクリックすれば冒頭が読めるんだぜ。
十数ページなんで気軽に読んでみたらどうなんだい? ヘイヘイヘーイってな感じで。

作者サイドの感想としましては……。

自分って、スロースターターだなあって……。
なんかそう思ったね。
そのあたりが今後、改善しなくちゃならないポイントかしらん。
機会があったら読んでみてくれろな。
さらに機会があったら感想を書いてみてくれろな。
「楽しかった」「面白かった」「早く次が読みたいです」なんてひとことが、書き手にとってはたまらないごほうびなのだから……。たったひとことでも充分なんだぜ! もちろん買って、読んでくれるだけでも幸せなんだけどね!



なお、マイナスの感想は、ぼくの眼につかないところで、ぜひ。
もの書き殺すにゃ刃物はいらぬ、駄作のひとことあればいい、なんていいましてな?
line

おおっ

なにやら拍手コメントを覗いたら、このブログの閲覧者さんより「大学に合格したよー」との報が。

えらいっ!
すばらしいっ!
でも某Wikipediaを見てみたら「卒業するのが難しい大学」らしいので、がんばってー。
たまに息抜きで本を読んだりしながらっ!
そういえば今月には『ぱんどら』の2巻も出るらしいよっ!
おめでとー!

★  ★  ★

そっかー。
大学かー。

……。

大学受験というのは、人生においてなかなかけっこー、大きなイベントだよねえ。
結果次第で、おのれの行き先が変わってしまうという……。

そんな数々のイベントを経て、いまの自分がいるんだなあ、なんてふと思った夜。
小説の新人賞に応募する、そして受賞するなんてのもねえ。
いま思えば大きいよねえ。
実際、自分の人生、変わっちゃってるもんねえ。
そうなんだよなー……。
変わっちゃってるんだよなー……。
気がついたら変わりまくってんなー……。

はたしてどこにいくのやら。
楽しみというよりは、なんだか怖いような。
だからあんまり先は見ないんだぜ。
過去も振り返らないんだぜ。
いまだけを見つめて生きていく感じで。
とりあえずは部屋の掃除だっ!
コンパクトな掃除機、こまめちゃんの出動だっ!
line

はくしゅ

このブログって、ぶっちゃけ、「すこしは宣伝になればいいなー」なんてスケベ心全開で始めたんですよね。
ところが、日々の雑事に追われるうちに――雑事っていうか締め切りに――だんだんと初心を忘れてしまって、「もうテキトーでいいやーグラハハハー」とどうでもいいようなことを書き散らすようになってしまったんですよね。

なのに!
それなのに!
読んでくださったかたがたから、けっこーな割合で拍手コメントが返ってくるんだなこれが!

いやー、うれしいもんですなー、リアクションがあるというのは、じつにー。
親身なアドバイスはもちろん、ちょっとした感想など、いつもいつもありがとうございますデスハイ。

いまわたしは、酔っぱらってます。

いえ、ちょっとした海賊気分に浸ろうと思って買ってみたはいいものの、いまいち口に合わなくて、一年ほどほったらかしのままにしてあったラム酒がありまして……このままではいけないと。世の中にはお酒が呑みたくても呑めない人たちがいるんだと。そう思ってですね、一気にやっつけてしまったら……ぶっちゃけ、ちょっといま、気持ち悪いです。ういっぷ。

ああ、コメントですね、コメント……。

台湾出張記の件は、だいじょうぶ、忘れてませんよ!
書くよ! いつか!
いつかは書くけど……ういっぷ。

ドラクエはなー、そーかー、みんなもう6かー……。

確定申告の作業は、なんか途中で止まってます。
ドラクエ9ばっかりやってる。
さすがに一日中ぶっ続けでやったら眼と頭が痛くなった。
座椅子にぐったりしながら、なにやってんだろうオレと目頭を熱くした夜。

そんなこんなな日々でございます。
あ、今月、ぱんどらの新刊、でるよー。
一巻が出てから……半年ぐらい、かかっちゃったのか……。
サボりすぎ、自分。
つぎはもうちょっと早くしたい……けど、どうだろ? んー?
line

いまさらしろー

いまさらながらドラクエ9やってまして。
9ですよ9。
ドラクエ6じゃなくて、9。
で、ようやくすれちがい通信なるものができるようになったんですな。
すれちがい通信というのは、ドラクエ9を持ってるもの同士、すれちがうと互いのキャラクターを相手のゲーム内に送りこむことができるというシステムで、まあ、よくわかんないんですけど、なんかいいことがあるらしい。

さっそくぼく、やってみた!
すれちがい通信モードにして、岩手県は盛岡の街を、その中心である大通を歩いてみた!

ひとりもすれちがえなかった……。

きっともうみんな、ドラクエ6やってるんだよね……。
いまどき9やってるやつなんか、いないんだろうね……。
それとも、もしかしたらイナカだからなのかなあ?
イナカだから、だれとも……うう……。

けっこーショックよ?
がんばって街中歩き回って(まあ用事もあったんですが)、ちょうどデパートでズームイン朝が主催だかなんだかの全国うまいもの市なんかやってたから見てまわって、「ほー、これが横手やきそばか……」と目玉焼きが上に乗ったやきそばを眺めたりして、でもって家に帰って、「ふふふっ、さーて、何人とすれちがえたかな!」ってDSを開いてみたら、「0人っス」なんて無情な表示があらわれたときの衝撃……。

なんだろう。
べつに自分は悪くないはずなのに、なぜか哀しくなったよ!
このいきどおりを、いったいどこへぶつければいい……くそう。
もう二度とすれちがい通信なんかやるもんかっ!
line

ちまちま

ちまちまと領収書などの整理をしているなう。
来月はもう確定申告の締め切り……あっというまです、あっというま。
しかし確定申告、めんどくさいったらないです。
前はけっこう楽しんでやってたんだけどナー。
「あ、こんなことに金、使ってる!」
とか、
「ああ、この月にこの巻、でたのかー」
とか、
入出の各種明細を整理していると、いろいろ思いだすんだナー。
それが楽しかったんだナー。
でもいまはめんどくさいナー。
慣れたからかナー。
ただ単に飽きたのかナー。
両方かナー。

来年からは税理士さんに頼もうかナー。
でもお金かかるナー。
それに税理士を探す&頼む作業がめんどくさいナー。
ううーん……。
とか悩みながら、ちまちまちまちま、たまりにまった領収書を月別に分けては、日付順に並べ替え、ノートにぺたぺた貼っていって……あとはそれを会計ソフトに入力して……やっぱりめんどくさいな! あー、めんどくせー! でもこれをやらないと払いすぎてる(はず)の税金が返ってこない! 返せ! ぼくのおかねー!

と、いうわけで、ぼくのおかねを取り戻すための戦いを始めたいと思います。
とりあえずは領収書の整理からー。ちまちま。
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。