スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

25(1)

10月25日。
この日、わたしは『かのこん』にて商業出版デビューを果たした。
それから三年。
思えば遠くへ来たもんだ……。
そう、はるばる東京まで。
アニメーション制作会社XEBEC(ジーベック)のお膝元、国分寺市までっ!
『かのこん』のアニメの総作画監督&キャラクターデザインの高見明男氏とお会いするためにっ!

新宿のホテルにチェックインしたわたし。
その後、新宿駅よりJR中央線に乗って、揺られて、国分寺駅までGo。
ひとりでGo。
偉いもんだなあ、と思う。
だってほら、初めて東京に出てきたときなんて、電車の路線のあまりの多さに「なんじゃこりゃ」とおののいたもんです。へ? 埼京線? 中央線? なにそれ? どれに乗ればいいの?
それがいまでは、ひとりでも目的地へ向かうことができる。
本当に偉い。
携帯電話に入ってるナビソフトって奴は。
とりあえずいきたい場所を入力すれば、どの交通機関を使えばいいのか教えてくれるんだもの。それどころかGPS機能もあって、いわゆるカーナビのように、行き先を画面で指示してくれたりもする。これがなかったら、絶対わたしは東京砂漠で遭難してますよ。ありがとう、auのEZナビウォーク。

それた話を戻しまーす。

30分ほど揺られて、国分寺駅に無事到着。
さて……じゃ、XEBECのスタジオに向かおうかな、と歩きだす。
迷う。
携帯のナビに従ってるのに。
どれだけ方向音痴なのさ自分。

しかたないので電話しました。
高見さんに。
するとだね、聞いて驚きなさい。
迎えに来てたんですよね、高見さん。
わざわざ国分寺の駅まで。

うはー!
もうしわけねー!

あわてて駅まで戻るわたしであった。
ちなみにここまで読んでくださってるあなた、高見明男というかたがどれだけアニメ業界的にスゴイお人なのか、わかってますか?

以下、参照のこと。
wikipedia - 高見明男
作画@wiki - 高見明男

スゴイっしょ? スゴイっしょ?
ちなみにわたしはわかっておりませんでした!
家に帰って調べて、ほえー、となったくらいです。
アニメ化が決まったとき?
経歴とかあまりに気にしてなかったんで、ちっとも調べてなかったっス。
見せられた耕太やちずるの絵がかわいかったので、それで満足してたっス。

で、駅にて高見さんと出会う。

「すみません、わざわざ迎えに来ていただいて……」
「なにいってるんですか! 当たり前じゃないですか! いやー、ずっと西野さんとお会いするの、楽しみにしてたんですよー!」

と、とても熱烈な出迎えを受ける。
ヤバイ! 自分が偉い巨匠かなにかと勘違いしそうだ!
非常に腰の低い高見さんに負けじとぺこぺこしながら、一路、XEBECの制作スタジオへと向かうのでありました。

★  ★  ★

高見さんに案内されながら、XEBECのスタジオを見学させていただく。
そこで、かのこんのスタッフだったかたがたと出会う。
初めてお会いしたかたもいれば、前にお会いしたかたもいた。
多くのかたがたの力があって、アニメというものは作られるのだと、頭の知識として知ってはいたけれど、今回、こうして直にお会いすることで、心で理解できたように思う。
それだけに、売上が好調で、本当に良かったとも思う。
DVDを買ってくださったみなさまには、心からありがとうです。
決して安いものではないだけに……ね。
値段分以上の価値はあるつもりですが!

★  ★  ★

スタジオをあとにして、いよいよ高見さんとの「お酒を飲みながらおっぱい談義」をするため、居酒屋へと向かう。高見さん行きつけの居酒屋であるらしい。

道中、あれやこれやとお話しする。
ちなみにわたしは、思いっきり人見知りするたちだったりする。
初対面の人とは、ロクに話すことができない。
あうあうとなってしまう。おまけに身体が揺れる。つまり壊れたアシカのようになる。
ところが、今回はけっこう普通に喋ることができた。
高見さんがものすごくわたしを立ててくれたからだと思う。
すごいんですよ、このひと。
後述しますけど、本気で『かのこん』が、ちずるが大好きなの。愛しちゃってんの。
だからその『かのこん』の作者である西野かつみにも過大なる好意を持ってくださっちゃってんの。

かつて人生のなかでここまでの好意を持たれたことがないわたしは、まだ一滴も酒の呑んでないというのに、半分酔ったような気分になりながら、居酒屋へと続く階段をのぼるのであった……と、次回へ続く。
スポンサーサイト
line

24

24っていったら海外ドラマだよな、トゥエンティフォーだよな、とか思いつつ、あれ? もしかしたらもうすでに『24』ブームは去っていたりするのかしら? どうかしら? また世間に置いていかれてるのかしら、と戸惑うわたしなのであった。

というわけで、24日、第四回MF文庫Jライトノベル新人賞の授賞式です。
芽のでそうな新人はいまのうちにつぶしておかなくちゃ! と意気ごみながら、東北は岩手の地より、はるばる東京へと向かったわたしなのでありました。

まあ、結論からいうと、授賞式の会場でいちばん喋った相手は屡那さんだったんですが。
「屡那」で「るな」と読みます。
MF文庫イチオシの熱血ファンタジー小説、『聖剣の刀鍛冶』のイラストレーターさんです。
ピロウズとテニスとF1好きなナイスガイです。
なんで聖剣の作者でもないわたしが屡那さんとずっと喋っていたかって、そんなの自分でもよくわかんないよ! 気がついたらそうなってたんだから!

で、ほとんど新人さんとは喋れず。
まあいいけどいいんだけど。

あ、ひとり、とても興味深いかたとの出会いはあった。
くわしいことはまだ書けないけどー。
お互いに、「ああ……あなたが、あの……」という感じだった。

というか、立ちっぱなしだったんで腰がキツかったっスね!
授賞式って、立食パーティーの形式なんですよね。
だから、ずーっと立ちっぱなし。
痛い。
膝、腰、痛い。
こちとら引きこもり気味で、家の階段を上下するだけで太ももが筋肉痛になる男ですよ。
たまらんぜ……MFももうちょっと考えてくれんと……とうめいていたら、会場のすぐ外に、休憩所的場所があったのだと授賞式が終わってから知る。がーん。ちゃんと考えてくれてたのねー。

その後、二次会へとなだれこむ。

ここだ!
ここでなんか偉そうなことを喋った気がするぞ!
相手は七位連一。
『地を駆ける虹』でデビューして、いまは『丸鍋ねこ改造計画(仮)』が絶賛好評な男だ。
彼とずっとおっぱい談義していれば良かったものを、ビールの酵母が効きすぎたか、気がついたらかなり調子こいた創作談義とかしてたような気がする。恥ずかしい。死にたい。ぜんぶあの男のせいだ。おっぱいおっぱい。

で、三次会。

だいぶぐだぐだとなる。
このあたりはヘンタイ青春小説『えむえむっ!』の作者、松野さんとヘンタイ青春について語っていたような気がする。ちゅうか呑みすぎてあまり覚えてませんな。ほとばしるにくじるファンタジー小説『聖剣の刀鍛冶』の作者、三浦さんの突然のアレやコレやの自己解放発言など、ちっとも覚えてなんかいませんな。

その後、四次会。

もう朝だっつーの!
さすがに場所は喫茶店となり、酒は飲めなくなる。当たり前だ。
なんかマクロスのコンサートの話をしてたような。
愛・おぼえていますか。
わたしは覚えていません。

もう眠気に勝てず、お先に帰る。
お先に帰るといっても、すでに残っているのは数十人もいるかどうかといった状況でしたが。ちなみに授賞式開始時は数百人といましたが。

チェックインしていたホテルについたのが、早朝、6時ごろ。
シャワーすら浴びず、服を脱ぐなりベッドに倒れこむ。
死んだように眠った。
三時間だけ。

★  ★  ★

翌日。
業界騒然、四コママンガ的ラノベ『ラノベ部』の作者、平坂さん(おなじホテルに泊まっていた。部屋は違う。念のため)と、三浦さん、あとは新人のみなさんと待ち合わせして、適当なファミレスでダベる。
エロかったりエロくなかったりする話をしたかもしれない。

その後、新宿へ。
新宿のホテルにチェックインして、そして……。

アニメ版かのこんのキャラクターデザイン&作画監督の高見さんとお会いする刻が、迫る……!

明日の当ブログは自慢になる予定です。
line

ぼーっと

眠い。
それも、「あー、眠いー」ではなく、「ねむ……」という感じで眠い。
なんでかというとですね、

10月24日 第4回MF文庫Jライトノベル新人賞の授賞式
10月25日 アニメ版かのこんのキャラクターデザイン&作画監督であられる高見明男氏とお酒を呑みながらおっぱい談義
10月26日 某恩師のかたがたとテーブルトークロールプレイング

てなスケジュールで、三日間、ほぼずーっと呑むか喋るかサイコロ振ってるかだったからです。
ちなみに睡眠時間は3時間×三日だッ!
いいかげん無理の利かなくなる年だぜ自分ッ!

★  ★  ★

まあ、でも、どちらかといえば精神的に疲れてるっぽいです。
体力的にもキテますが、ほら、わたしってばプチ引きこもりじゃないですか。
普段、人とあまり会話しないから。
一ヶ月のあいだで、いちばん会話した相手が担当編集者の原稿催促の電話だったり、平気でしますから。
なのに、この三日間は喋る喋る喋る。
たぶん、喋らなくていいことも喋った。
新人さん相手にやたら偉そうなこといったような記憶もおぼろげにありますが、思いだしたら布団の上でのたうちまわる羽目になりますので、永久に忘れる所存です。

あー、ヤバイヤバイヤバイ。
いま、危うく思いだしそうになった。
ヤバイヤバイヤバイ。

と、いうわけですので、今回は簡易更新。
この三日間、具体的にどんなことが起こったのかは、書けるところだけ書くつもりです。書いちゃ怒られそうなところはもちろん書きません。違いのわかる男、西野です。でもいまは寝ます。ぐぅ。
line

むかし、ダブルユーっていたよね

現在絶賛放映中のガンダムOOが、おもしろくてたまらんわたしです。

かつては最強ながら、いまでは一世代前の、いわば時代遅れのロボットを駆って、圧倒的に強大な敵を相手にひとり闘い続ける主人公とか。
案の定ボコボコにされて窮地に陥ったところに、助けにくるかつての仲間とか。
そして手に入れる、新たな力――新しいガンダムとか。

もうね、外連味あふれまくる展開がわたしの好みにジャストフィットなんですよ!
(ちなみに外連味は「けれんみ」と読みます。
広辞苑を引くと、意味は「俗受けをねらったいやらしさ。はったり。ごまかし」とでますが、俗受けを狙ってなにが悪いというのか! 高尚すぎてわけがわからないよりよっぽどいいじゃないか! なんて思想の持ち主たるわたしの言葉ですので、「外連味あふれまくる」は「エンタメ最高!」なんて褒め言葉だと思っていただけるとマジ幸甚っス)

かように、プラモデル買っちゃおうかしら? 組み立てちゃおうかしら? と思うほどにガンダムOOに心惹かれまくりなわたしですが、不思議なことに、以前放映されていた第一期のガンダムOOには、これほどラブではなかったんなあ、これが。

あ、まったくガンダムに興味がないかたのために説明しておきますと、今回、ガンダムOOというアニメは、ファーストシーズン、セカンドシーズンと分けて放送していたのです。
いわば前編、後編?
で、前に放送していたのが、ファーストシーズンで、いま放送しているのが、セカンドシーズンというわけでございまして。

で、そのファーストシーズンは、ぶっちゃけ、あまり惹かれなかった。
ほとんど飛ばし飛ばしで観ていたぐらいで。

なんでだろ?

とか考えるまでもなく、そりゃファーストシーズンは自分の好みじゃなかったからだろう、と結論はでるんですが。
でも、なぜ好みじゃなかったのかを考えるのは決して無駄ではないと思うんですよね、ぼかぁ。

まずひとつは、ズバリ外連味です。
一期は、いまいち演出にあざとさが足りなかったように記憶してます。
なんだか静かーな、上品な展開だったような。
しっかり観てないんで、断言なんかできないんですけども。
(つまり自分は、派手派手なのが好きだと)

さらに深く考える。
すると、お、主人公たちの最初の立ち位置が違うから、というのがでたよ?

ファーストシーズンは、その時点で最強の兵器を乗り回して、敵をボッコボコにしてたんですね。いまどき流行らない言葉でいえば、つまりは勝ち組です。イケメンだし。おっぱいの大きなお姉さんが上司だし。

ここで、ボッコボコにされるやつらが、悪い人たちならわたしも応援できたんだろうな、と思う。
ところが、わたしは逆にボコられるほうを、敵を応援してしまった。

主人公たちは世界各地で行われてる紛争を解決するため、戦地に乗りこんでいって軍隊をぐっちゃぐちゃにしまくってるんですよ。
いわば平和のためですよ。
だったら主人公たちを応援しなくちゃダメじゃん。

が、ダメだったー。

どうしても主人公たちがただのテロリストにしか見えなかった。
「もうちょっとやりかたあるんじゃないのん?」
とか思ってしまった。
わたしが悪い。きっと。

で、今回。
セカンドシーズン。
主人公たちは、いってみればマイナスの立場から始まるんですよ。
前期、ファーストシーズンのラストで主人公たち、ボコボコにされました。相手にも勝ちましたが、まあ、いってみればバットエンドです。

そこからの復活!
負けた立場からの逆襲!
ファーストシーズンで、良かれと思ってやった自分たちの行いで、かえって世界はダメダメになってしまった! ああ、だからオレたちがやるんだ! ダメダメになった世界をまともにするんだ! 自分でやった責任はとる! セカンドチャンスをくださーい!
おう、チャンスならやるさ! あげるともさ!
がんばれよ、元テロリストども!
てな感じで、もうノレるノレる。
ノリノリノリスケくんですよ、ぼかぁ。

(つうかまあ、深読みしちゃうと、自分が負けた立場にあるとか思ってるから負け組主人公たちにノリノリノリスケなんだろうなあ、とか怖いところにいっちゃうので、深読み中止)

もうね、最高ですよ。
先に記した、上司のおっぱい大きなお姉さん、セカンドシーズンじゃ昔の男のところに転がりこんで、酒におぼれてましたからね。パーフェクトに後ろ向き。うっへー、たまんねー。

あ、あとヒロインが、ファーストシーズンで24歳、そこから数年後のセカンドシーズンでは29歳という、いまどきのアニメにあるまじき熟成ぶりなのも凄まじくツボです。
っていうか、アニメ史上でもけっこうめずらしいのでは……?
(当方のヒロイン、ちずるさんは公称400歳ではありますが)

なんか、あのヒロイン、異性とつきあったことなさそうだし……。
三十路直前で、乙女ですか、聖女ですか……。
たぶん制作者側が意図したものではなさそうなんですが、すっげえチャレンジングなヒロインになってしまっているような! さすがはガンダム! マイスターマイスター!

というわけで、負け組主人公たちのリカバリー&熟成おっぱいたちが狂喜乱舞するアニメ、ガンダムOOをわたしはこれからも全力で見守りたいと思います。
line

いろいろ届いたんです

編集部よりいろいろと届く。
フィギュア見本とか、漫画見本とか。

フィギュアとはこれぞ。
見てコレ。

フィギュア三種

どうです?
なかなか悪くないでしょう?
じかに見ると、さらにいい。
これってばメディアファクトリーの漫画誌、いろんなところが元気になっちゃうコミックアライブで、応募者全員に送られる(といってもフィギュア代いるんですが)シロモノなんですが。

えーと、たしか代金が定額小為替で1,500円ぐらいだったかな?
定額小為替(郵便局で買えるよ!)は手数料が100円かかるはずだからして、んでもって小為替が1,500円ぴったりのは無くて、1,000円と500円のを買わなくちゃならないから、手数料は2枚分の200円必要で、合計するところの1,700円と。

フィギュアはちっとも詳しくないので、相場とくらべてどうなのかはまったくさっぱりなんですが、手にとって上から下から覗き見たかぎり、うふふ、えへへへ。

作者としては、自分の作りだしたキャラクターが三次元として存在するだけで、なんか、こう、にまにまにまー、と自然に口元が緩んでしまうのはしかたありますまい。

いいなあ、フィギュア!
もう指紋べったべたつけまくりながら、ずーっと眺めてますよ。
たまらんなあ、フィギュア!
どなたさまか玉藻さんのフィギュアを作ってくださるまいか。
世界は輝いてるなあ、フィギュア!
あのだらしないはしたない肉体を造形してくださるまいか。
なーんだかフィギュア方面の趣味に目覚めてしまいそう。かも。とかいって買うのはきっとキリコ・キュービー(男臭いアニメ、ボトムズの主人公)なんだろうなあ、とかも思うんですよ、奥さん。

★  ★  ★

で、漫画です。
山木鈴さん描きますところの『かのこん』5巻。
あー、もう5巻になるのかー、と感慨深くなる。

ちょうど原作3巻のあたりが描かれているので、その部分でさらに感慨深くもなり。
ああ、懐かしい。
このあたりを書いたのは、もう二年前になるのかー……。

小説の3巻は、いろんな意味でターニング・ポイントでありまして。
ことに、みなさん大好き(ぼくも大好き!)純愛描写においては、我ながら完全に吹っ切ることができたように記憶しています。吹っ切ることができたというか、ブチ切れることができたというか。

書きあげて、それなりに手応えを得たのも、この巻が初めてだったような。
けっこうイイ感じなんじゃね?
と初めて思えたような気がします。

漫画5巻を読んで、そんなことを思いだして、うーん、ちょっぴりノスタルジー。ノスタル爺?

読んでて驚いたのは、
「相手を幸せにしたいのなら、まず自分が幸せになりなさい。互いに幸せでなければ、そんなのは本当の幸せっていわない」
みたいなセリフを登場人物に語らせていたこと。
いいセリフだ!
これ、本当に自分が書いたのか!
やるじゃん、二年前の自分!(自画自賛)

★  ★  ★

んでもって、今回、漫画版の5巻には、アニメの1話が収められたDVDつきの特装版というのもあるんですな。
そのDVDに、耕太役を演じた能登麻美子さんと、ちずる役を演じた川澄綾子さんのオーディオコメンタリーが収録されてるんですな。
観ましたよ、もちろん。
いや、この場合、聴きました、か。
感想ですか?
仲いいなあ、と。
かのこんのラジオを聴いていたときも思ったんですが、本当に仲いいなあ、と。
こういう真実の仲良しっぷりを見せつけられると、なんだか「友情」という言葉を信じられるような気がするよね! 悪魔超人のぼくでもね!
個人的には「ちずるがどんどん好きになった」という川澄さんの言葉が嬉しかった!

あ、そうそう。
お金に余裕があれば、DVDつき特装版を買ったほうがいいかも。
というのも、特装版はDVDだけじゃなく、フラッパーやアライブに袋とじで掲載されたR15指定クラスのフルカラー漫画が収録されてるから!
通常版にはないんだな、これが!
桃色成分が欲しかったら、特装版を買うべし!
べしべし!

★  ★  ★

振り返ってみたら、おや、今回もまた宣伝だ?

★  ★  ★

Kさん、メールでの11巻&ブログ感想、ありがとうございます。
ファンレターもそうなんですけど、「面白かった」のひとことがどれだけ力を与えるか……。
だって、「面白い」って思われるために書いてるんですからして。
お金も大事ですけどね!
あとフィギュアもね!
line

こんぷり

大きめの書店にいって、「うう、コミックビームがどこにも売ってないよう」と買い忘れた漫画雑誌を探し求めているところに、いきなりどどんと『かのこんコンプリート』の表紙を見つけてしまうと、なんだか挙動不審に陥ってしまうよね!

だってこんなのが、A4サイズで置いてあるんだもん!
A4ってでっかいんだよ!



また宣伝か!
とお思いの向きもございましょうが、そうです、宣伝です。

こういうことをいうと頭がどうかなってんじゃないかと思われそうですが、いまだに書店に自分の本が並んでいるのを見ると、なんだかヘンな汗がでてきます。
なんていえばいいんでしょう。

鏡の前でナルシズム全開なポーズを決めてご満悦にひたっていたところ、じつは隠し撮りされていて、その写真を見せつけられたような気分?(たとえが長いよ)

じゃあ「てめえおれたちにはナルシズム全開で決めたポーズのような本を読ませてんのかよ!」と問われれば、違う! 違うんだ! そんなつもりでいったんじゃ……おい、荷物をまとめてどうするんだよ? え? 実家に帰る? 待ってくれ! おまえがいなくちゃおれは……! ってなダメ男的やりとりをせねばなりますまいが、なんかねえ、もうねえ、こっ恥ずかしくなっちゃうんですよ、不思議なんですけど! デビューしてもう3年なんですが!

たぶん、朗読されたら死ねると思う。

まあ、朗読どころかアニメ化されちゃったんですけどね!
へへへーんだ!(超自慢)

そのアニメの全話解説とか、肌色成分多めな高見作画監督の版権絵とか、キャスト、スタッフのみなさんのコメントとか載ってるのが、この『かのこんコンプリート』ってワケ!
もう一家に一冊、買うしかないよネ!
あ、amazonの画像だと望がおちりーまるだしーですが、本屋さんだときちんとオビがついて隠されてるから、レジにだしても恥ずかしくないヨ! ちずるさんの表情がアレですが、まあ細かいことは気にしちゃ負けダヨ!

以上、おまえはだれなんだ的なセールストークでした。
でも、こういったガイドブック的なものはいいですよね。
原作者なのに一日一回はぺらぺらめくってはニタニタしてますよ。うは、キメえ。
ぼくはね、温泉の絵が好きだな!

11月にはかのこんのイラストを担当されてる狐印さんのかのこんイラスト集も発売されるようですし、年内はまったく祭りのようですな!
いや、余裕ぶっこいてないでわたしも頑張らなくちゃならんのですが!



あ、ちなみにコミックビームは無事に探しだして買うことができました。
あと、なんとなく装甲騎兵ボトムズ、ペールゼン・ファイルズのガイドブックも買ってしまいました。
こっちは汗臭い野郎と鉄サビ臭い機械しか載ってないっス。
line

りぷみら姐さん

「マップス・ネクストシート」の5巻、読んだよ!
もちろんおもしろかったよ!

内容は、主人公の熱血少年が、白銀の支配者さまと名乗る「ビルほどの大きさの美熟女」の「巨弾山脈系乳柔肉」の上でぽいんぽいんともてあそばれるという素晴らしすぎる内容だったんですが(※当ブログ記述者の脳は手遅れな可能性があります)カバーの裏もグッドだよ!

ああ、お懐かしやお懐かしや。
変わらずの凛々しいお姿。
そして尻。
おちりー。

最高だ!
神は細部に宿る――否、肌色に宿る!
我、心理を得た!
これなら跳べル!
おちりー!



なお、わたしのようなダメ人間以外から見た「マップス・ネクストシート」は良質な宇宙活劇モノでございますので――たとえば、血のつながってない姉を膝の上に座らせ、膝をコントローラーにして操縦桿扱いしたり――あれ? その姉とつるぺた人造人間っ娘が主人公をとりあったり――あれれ? 普段はつるぺた人造人間っ娘が主人公の膝の上、操縦桿になっていたり――あれれれー?

えー、まー、うーんと。

おちりー!

マップス ネクストシート 5 (Flex Comix)
ソフトバンククリエイティブ
発売日:2008-10-09
line

めんどくさいはエネミー

最近、どうもいろんなことを「めんどくさがって」いけない。

鬱展開気味な本を読むとか。
ゲームをするとか。
小説を書くとか。
毎日散歩するとか。
全24話もあるアニメを観るとか。
プロットをたてるとか。
部屋に落ちたちぢれ毛を掃除するとか。
玉ねぎを飴色になるまで炒めるとか。
肉に塩コショーカレー粉で下味をつけるとか。
カレーをことこと煮こむとか。
自転車を洗うとか。
服を買いにいくとか。
散髪するとか。

なんかもう、ダメだ!
「めんどくさい」は敵だ!
本当は「めんどくさい」ことこそ、やり遂げれば楽しいのに。
わかってるんですけど、わかってるんですけどー。

とりあえず、髪を切りにいこう……。
あと、毎日散歩はしよう……。
line

月にカワレ

なんとなしにセーラームーンの劇場版DVDをレンタルして観る。
正しくはセーラームーンR。
ただただ懐かしい。
だってセーラームーンがブームだったころは、ぼかぁ、まだ高校生でしたもの。

若いかたはピンとこないと思いますが、とにかく凄かったんですよ、セーラームーンってのは。

きっと説明しても伝わらない――わたしがガンダムやヤマトのブームを本当の意味では実感できないのとおなじように――でしょうが、全52話、4クールのアニメが、無印、R、S、SuperS、セーラースターズと5期も続いたというだけで、そのとんでもなさは理解できますでしょうか。

もちろんわたしもハマってました。
「なんだよ、子供向けだろ?」
とかいいながら、無印とRについてはほぼ全話観てたはず。
Sからは離れてしまった。
べつにつまらなくなったから、ではなかったと記憶してます。
たぶん、なんとなくだったんでしょう。
そのあたりからアニメ、だんだんと観なくなりましたし。
(そもそも岩手のテレビ局はアニメをあまり放送してくれない)

そんなわたしが、よもや、ライトノベルの書き手になっていようとは。
でもって、再度アニメにハマりかけようとは。
キングゲイナーキングゲイナー。

人間、どうなるかわからないものですなあ。
はっはっはっ!

さて、劇場版セーラームーンRの感想です。

おもしろかったー。
懐かしいというだけではなくって、本当におもしろかったー。
もちろんキャラクターは素晴らしい。
掛けあいは楽しい。
まこちゃん好きだったなー、とか思いだしたりして。
いや、べつにスタイルがいいからじゃなくってね。
かわいいところがいいじゃない。

その他、なにが良かったのか、あげてみれば……。

・テンポが良くって、だれたところなくクライマックスまで進む。
・きっちりと容赦なく主人公たちを追いこむ。
・その上で逆転する。
・登場キャラを(敵もふくめて)救う。
・ハッピーエンド。

文句なし。
いやー、勉強になったー。
自己分析すると、主人公たちを追いこむあたりが自分は弱いんですよね……でも、あんまりヒドイことできないんだよね……。
もっといろんな作品を観なくては、勉強しなくては、と思った。
ちゅーか、もっと新しいやつ観なくちゃダメですやねえ。
だけど数が多すぎて、なにを観たらいいのかわからないんだぜー。
まこちゃんまこちゃん。
line

さいん

サイン、コサイン、タンジェント~♪
というわけで、サインのお話。

わたくし、いちおうは自著がアニメ化されたもの書きでございますので(超自慢。されど過去形)、サインをする機会にもけっこう恵まれました。前にもこのブログという名の公開日記帳で書きましたが、東京都内の書店営業サイン本書き行脚とかですね。

本のほか、色紙、そしてイラストカードなど、おそらく100ぐらいはサインを書いたのではなかろうか。
あら?
100ってぜんぜんたいしたことなくね?
まだまだしょっぱくね?

※しょっぱい
 相撲、プロレス界の隠語で、「弱い、情けない」という意味。
 昔プロレス好きだったからって、業界の隠語を日常的に使ってるぼくってキモいよね!

★  ★  ★

えー、話を戻して。
100ほどサインを書いたわたしですが、いまだにサインの書体が安定していません。マジで。

なんていうんですかね。
サインといったら、ほら、あるじゃないですか。
ぐちゃぐちゃぐちゃーって、まるで筆記体のごとく崩して書くやりかた。
なんかプロっぽいというか、ゲーノージンっぽいっていうか、カッコいいやつ。

ないの。
そんなのないの。
だって恥ずかしいの。
自分ごときがそんなの書いたら、まわりのひとに「なに? ちょっとおっぱいでアニメになったからって大家きどり? 死ねばいいのに」とか思われそうじゃないですか。いえ、目つきがキツめで乳少なめのスレンダーな美少女にさげすむような口調で吐き捨てられるんなら、むしろお願いしたいところなんですが。

わかってるんス。
自意識過剰なんス。
多少サインをカッコつけて書いたところで、まわりは気にしたりなんかしないんス。
世界は自分という歯車無しでも動いていくんス。
ビバラスタっス。

でも、心の奥底では、カッコいいサインが書きたいと思ってたり……。

だから、サインの書体も揺れてしまうのです。
崩してみようかな?
でも笑われないかな?
ちょびっとだけチャレンジ?
ああん、でもやっぱりダメェ。
とか、書くたびにキモく心が揺れるんです。
心が揺れれば書体も揺れる!

まあ、でも、営業でもないかぎり、しばらくはサインを書くこともないでしょうから、意味のない悩みなんですけどね……。
んなことで悩んでる暇があったら、早く仕事しろって話でした。ぺろりん。



ちなみに、現在のサインです。

サイン

んーん、しょっぱい。
どうもひと味足りないというか……。
落款でも作るべきか。
line

経済ががが

はわわ~。
この国の経済はどうなってしまうん~?

などと、なんとなくあわてふためいてしまうほどにシャレにならない動きを見せるメリケンさんやらユーロさんの株価。ズンドコズンドコ、アメちゃんのどこまでいくの状態です。はっはっはっ。

不況か。
不況なのか。
不況になってしまうのか。
ただでさえ景気悪いのに。
これ以上?

ふ、不況になると、みんな生きるのに精一杯になって、娯楽にお金を使ってくれなくなっちゃうってエライひとがいってた!

ということは小説なんて……?

わーん!
ごはん食べられなくなっちゃうよ~!

とか思ったんで、いまのうちだと思ってラーメン食べにいきました。
こってりしたやつ。
かの「ラーメン二郎」を目標としたお店なそうな。お店前の看板にそう書いてありました(!)。
ラーメン二郎、どえらいらしいことだけは噂に聞くも、食べたことはないのでまったく比較はできないんですが、個人的には好きな味でした。
麺の上にもやし、キャベツ、たまねぎが山盛りで、わあ、健康によさそう!
でもスープに浮きまくりの背脂でたぶん相殺!
麺が太!
ニンニクたっぷり!
チャーシューが角煮っぽい!
おや、でも意外とあっさりしてるかな……?
でも三時近くに大盛りを食べたら、胃に残っちゃって、夕飯のとき、ごはんが食べられませんでした。
もう若くないんだな……。
そう思いつつ、おかずの鮭のムニエル(バターが高くて買えないからマーガリンで作った)をつまみにして、発泡酒を飲んだった。げふー。

これからもごはんを食べられなくなる前にごはんを食べていきたい。
よくわかんないんですけど、アレですよね?
世界恐慌とかになっちゃうと、きっと某北斗の拳的世界がやってくるんですよね?
「汚物は消毒だ~!」って、種もみを持ったじいさまが焼かれて、「明日が~、明日が~!」ってシャウトしちゃうんですよね?
食べなきゃ食べなきゃ、ごはん食べなきゃ。
焼かれる前に食べなきゃ。
つぎはカツ食うカツ。
トンカツ。
太ったる! 目指せハートさまじゃ!
現在の体重61キロですが!
ちなみに以前の体重は65キロで、なぜ4キロも落ちたかといえば、締め切り間際はごはん食べてる暇もないからです。名づけて締め切りダイエット。
ん。
なんかひらめいた。
そうだ、ダイエットってつけてればきっと売れるな!
ダイエットの文字さえつけば、なんでも売れてしまう時代だから!

よし、次の作品は「だいえと!」にしよう!

どうにか痩せようとするぷにぷに男と、テディベア大好きなので彼を太らせようとする女の子の熱いバトルストーリーだ! 第一話はバナナダイエットをしようと思ったら、けっきょくバナナを食い過ぎて太ってしまうってあたりで! もちろん女の子は胸の谷間にバナナを挟んだりするゾ! 各章の終わりには、「現在の○○男の体重……81キロ」とか記したりして!
うはは、これで女性読者、ゲットだぜ!
(胸の谷間にバナナを挟むあたりでアウトです)

あれ、でもこれけっこう、マジでイケるんじゃ……?

★  ★  ★

キングゲイナー、ようやく見終わりました。
そう、つまりようやく借りられっぱなしだったレンタルDVD、7、8、9巻が戻ってきたのですよ! すぐさま借りましたよ! 借りた観た返したですよ!

ぜんぶ観ての感想ですが、歯ごたえあるアニメだったなあ、と。
優しくにゃい。
わかりやすく説明してくれにゃい。
いえ、情報は提示されてるんです。
ただ、そこから「自分で」読みとらなくてはならない。
一例として、主人公たちはエクソダスしてヤーパンという土地を目指してるんですが、その「ヤーパン」がなんなのか、具体的説明は一切なし。つーかまあ、そもそも「エクソダス」ってなんぞや、という話ですが(管理社会から逃れて自由を得るってことっぽいです)。

でも、ヒントは描かれてるんです。
登場人物のひとりが、「ヤーパン忍法」とかいって八方手裏剣を放ったり、怪しげな忍術を使ったりしてますので、そこから、なんとなく「ヤーパン」とは「日本」的な場所だとわかる。
ほとんどがそう。
主人公が乗る戦闘ロボットらしきもの、「オーバーマン」も正体不明だし、そうこうしているうちに「オーバーデビル」なんてシロモノもでてくるし、なにがなにやら。
じつに噛みごたえのあるアニメだなー、と思う一方、だから公式ガイドブック(絶版)が欲しい! と切に感じましたし、wikipediaのキングゲイナーの項目が充実しているのがありがたくてしかたなくもありました。

いや! まあ、そんなことはいいんだ!

おそらく設定の半分も理解してないと自覚してますが、とにかくハッピーエンドだったから!
主人公とヒロインのラブラブエンドだったから!
オッケーオッケー!
キングキング!

★  ★  ★

「萌えめーじゅ」を読む。
この「萌えめーじゅ」、老舗アニメ雑誌である「アニメージュ」の増刊で、本誌よりも萌えを追求したものなそうな。
読んだ感想は――。

あれ?
萌えっていうか、むしろおっぱい追求してね?
「萌えめーじゅ」っていうか、これは「ちちめーじゅ」じゃね?

そう感じざるを得ないほど、おっぱいおっぱいでした。
標準装備してあるおっぱいフィルターを通して読んだからかもしれませんがね! おっぱい以外は見えないのダ! ぱんつじゃないから恥ずかしくないのダ! ふはははは!

9割本気の冗談はともかく、このちちめーじゅ「萌えめーじゅ」、かのこんの総作画監督&キャラクターデザインを務められた高見明男さんのインタビューも載っているので、ファンのみなさまは是非ご一読をば。

そうそう。
こちらの高見総作画監督、本気でちずるを愛してくださってるんですよね。

なんたってアニメの版権絵(萌えめーじゅにも描いてます)を、ぜんぶ高見さん本人が手がけてる、といえばその愛の尋常じゃなさが伝わりますでしょうか。むちゃくちゃお忙しいはずなんですけど。でもご自分でやられるんですって。ほかのひとにはやらせないんですって。まったく原作者冥利につきる話でしょ?
line

おれんじ

録画しておいたコードギアスの最終回を観る。
オレンジさんことジェレミア卿が幸せになってよかったです。
ちっこい嫁さんも得て。
じつをいうとそれほど熱心な視聴者ではなくって、とびとびにしか観ていなかったんですが、きちんと最初から観直したくなりました。正座して。

その前にキングゲイナーを観なくちゃいけないんですけどね!

いつになったら戻ってくるんだ……レンタルDVDの7、8、9巻……!
散歩がてら、毎日レンタルDVD屋さんにいく日々なんだぜ……!
おかげですっかり健康に……!
くやしい……!
(ビクビクッ)

★  ★  ★

そういえばですね、キングゲイナーの公式ガイドブックがあるらしくて、すんごい欲しいんですが、切なくも哀しいことに、絶版という。
しかたないので古本で買おうかと思ったら、これがまた。
amazonのマーケットプレイス価格(中古価格と思ってください)を見れば、八千円とか九千円とか。
ヤフーのオークションとか覗いても、五千円とか。
高え……!
まあ、五年前の本ですからね。
しかもアニメのガイドブック。
アニメの放送が終了したてでもなければ、売れそうにないシロモノ。
絶版になって当然、まったくもって当たり前ではあるんですが。
高え……!
ちなみに元値は2,100円ナリ。

うーん、うーん、うーん。

DVDをぜんぶ観終わってから、あらためて考えようっと。

★  ★  ★

で、なにがいいたいかといいますとね、かのこんもガイドブックがでるんだそうですよ、奥さん。
10月15日発売予定なんだってさ。
これ1冊でアニメ版のすべてがわかる(かもしれない)し、わたしもちょっとした短編、書いてます。
ここ最近の小説でのシリアス路線の反動か、ヤマなしオチなし純愛行為まみれのやつ。やおじゅんですよ、やおじゅん。やまじゅんみたいでちょっとアレですね。やだ、じゅんっときちゃう!

ただ、不安なのは、時事ネタなんですよね、これが。
みなさんのお手元に入るときには、だいぶ古くさく……だって時の流れは早いから……!

とにかく、あるうちに買わないと、わたしみたいに後悔することになっちゃいますよ!
本は見たら買え!
じゃないとすぐになくなる!
絶版なんて嫌いだ!
っていうか、最近のブログ、宣伝ばかりじゃないかい?
ごめんね!
ごめんね!
10月15日予定だよ、ごめんね!
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

西野かつみ

Author:西野かつみ
西野かつみ(にしの かつみ)



もの書き。男。
第1回MF文庫Jライトノベル新人賞で佳作受賞。
2005年10月25日、受賞作の「かのこん」でMF文庫よりデビュー。
2008年3月現在、気がついたら「かのこん」を10冊以上出してた! びっくり!
いまのところまだ続く予定。



なにかご連絡がございましたら、こちらのメールフォームよりどうぞ。

line
カレンダー
09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
line
最近の記事
line
月別(表示年指定)
line
カテゴリー
line
FC2カウンター
line
ブログ内検索
line
まんが版(山木鈴さん作です)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 9 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん 8巻 (MFコミックス アライブシリーズ)

かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
かのこん7 (MFコミックス アライブシリーズ)
揉み揉み揉み揉み!
そして海海海海!

4840125473
かのこん 6巻(6) (MFコミックス アライブシリーズ)
双子登場だ!
そして尾てい骨登場だ!(え?)

温泉編。期待どおりのシーンが満載ですぜボーイズ&ガールズ。

けろんぱーなかえるっ娘、澪が主人公のおまけ漫画つきダヨ!

オオカミっ娘、望、登場。
あ、オオカミ男、朔も登場。

三等身のSDキャラがかわいいの。

まんがで読むといろんな意味で威力倍増。
line
自分の書いた本
line
ドラマCD
これはドラマCDとは違うんですが。
アニメにともなって放送されたネットラジオを収めたもの。
耕太役の能登さんとちずる役の川澄さんがあまりに仲が良くて、聴いてるとにまにましますぜ。

アニメの後日談的内容。
ちょっとえっちでちょっぴりおバカ。かのこんの本質をあらわした内容でございます。

かのこん1巻の内容を声で。
「ああん、耕太くぅん……」「はわわわわ、ち、ちずるさぁん」どうんだうん。
聴いているとなんかこう、身もだえてしまう。だれだ、こんな甘々らぶらぶちゅっちゅっちゅな話を書いたのは! ああ、わたしか! ごめん!
line
RSSフィード
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。